「初対面で愛します」元RAINBOW ジェギョン、ク・ジャソンを母親に紹介

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「初対面で愛します」放送画面キャプチャー
元RAINBOWのジェギョンがク・ジャソンを紹介した。キム・ヨングァンはチン・ギジュを許した。

韓国で昨日(17日)午後放送されたSBSドラマ「初対面で愛します」では、キ・デジュ(ク・ジャソン)を紹介するベロニカ・パク(ジェギョン)の姿が描かれた。

この日ベロニカ・パクは、母親にキ・デジュの存在を知られた。

ベロニカ・パクは「少なくとも、この男の腰には手を出さないで」とお願いし、笑いを誘った。

ベロニカ・パクの母親は、一ヶ月の時間をあげると宣言した。その後、ト・ミンイク(キム・ヨングァン)と結婚しなさいということだ。ベロニカ・パクは少しも揺れない姿だった。

一方、チョン・ガルヒ(チン・ギジュ)は、ト・ミンイクに謝り続けた。

記者 : キム・プルイプ