放送開始「補佐官」イ・ジョンジェ、6gの金バッジに近づく?今後の展開に期待

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「補佐官」画面キャプチャー
イ・ジョンジェが出演するドラマ「補佐官」が初回から高い視聴率を記録した。

14日に初放送されたJTBC金土ドラマ「補佐官」は、全国4.4%、首都圏5.6%(ニールセンメディア基準)の視聴率を記録した。イ・ジョンジェの10年ぶりのドラマ出演で関心を集めたと分析されている。

初回では補佐官チャン・テジュン(イ・ジョンジェ)がより大きい権力に向かってもう一歩近づく過程が描かれた。チャン・テジュンと国会議員のカン・ソニョン(シン・ミナ)は正反対の間柄であり、恋人でもある。ハン・ドギョン(キム・ドンジュン)が既知を発揮し、ソン・ヒソブ(キム・ガプス)が議員室のインターンに合格し、今後の展開に対する好奇心を高めた。

前職4選議員たちの元老会に入ったチャン・テジュンは6gの金バッジにもう一歩近づき、視聴者の期待を高めた。

本日(15日)の午後11時に第2話が放送される。

記者 : キム・イェナ