「レベルアップ」ソンフン&ハン・ボルム、張り詰めた空気が感じられるスチールカット公開…2人の関係に関心高まる

OSEN |

写真=iHQ
俳優ソンフンとハン・ボルムがDramax、MBNドラマ「レベルアップ」を通じて、今までになかった新しいケミストリー(相手との相性)をアピールする。

7月10日に韓国で初放送を控えているたDramax、MBNの新水木ドラマ「レベルアップ」(演出:キム・サンウ、脚本:キム・ドンギュ)は、再生率100%の構造改革専門家アン・ダンテ(ソンフン)とゲームオタクのシン・ヨンファ(ハン・ボルム)が、倒産したゲーム会社を再生させる新作リリースのために奮闘するラブコメディドラマだ。

ソンフンは劇中で構造改革専門企業であるユソンCRCの本部長であるアン・ダンテ役を務め、成功のためにデータにのみ依存する機械的なマインドのポーカーフェイスに変身する。ハン・ボルムは倒産寸前のゲーム会社ジョイバスターの企画チーム長シン・ヨンファに扮し、アン・ダンテ(ソンフン)と対比される情熱あふれる性格で、2人の間のこれまでになかったケミストリーを予告している。

特に公開された写真では、向かい合っている二人の姿が目を引く。アン・ダンテはシン・ヨンファ(ハン・ボルム)が働くゲーム店にやってきて何かを要求し、シン・ヨンファはきっぱりと断り、対峙している。

また、火花が散るような目で互いににらみ合う二人の間には、敵意と共に緊張感さえ漂い、妙な雰囲気を感じさせる。張り詰めた心理戦を繰り広げているような二人に果たしてどんな事情があるのか、好奇心をくすぐる。

このように冷静なアン・ダンテと情熱的なシン・ヨンファが対立するきっかけと二人のケミがどのように視聴者たちの心を掴むか、好奇心と期待を高めている。

記者 : カン・ソジョン