INFINITE エル&シン・ヘソン主演「ただ、一つだけの愛」視聴率9.2%で水木ドラマ1位に!好発進スタート

OSEN |

写真=KBS
「ただ、一つだけの愛」が初放送で地上波水木ドラマ1位を獲得した。

23日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、22日に韓国で初放送されたKBS 2TV新水木ドラマ「ただ、一つの愛」は、全国基準視聴率7.3%(第1話)、9.2%(第2話)を記録した。

これは前作「ドクタープリズナー」が記録した初放送視聴率(8.4%、9.8%)に対してそれぞれ1.1%、0.6%低いものだ。しかし、この日放送された地上波水木ドラマの中では最も高い視聴率である。

「ただ、一つだけの愛」は、愛を信じないバレリーナと恋のキューピッドになると宣言したトラブルメーカーの天使が繰り広げる、ファンタスティックロマンスだ。女優シン・ヘソン、INFINITEのエル、俳優イ・ドンゴンらが出演。

また、この日初放送されたMBC新水木ドラマ「春の夜」は、全国基準視聴率3.9%(第1話)、6.0%(第2話)を記録した。午後9時に時間帯を変えて放送され、アン・パンソクプロデューサーと女優ハン・ジミン、俳優チョン・ヘインの出会いで話題を集めている。

SBS「絶対彼氏。」は2.6%(第5話)、3.0%(第6話)を記録した。16日に放送された第3話(3.1%)、第4話(3.5%)に対して0.5%下落した数値だ。

記者 : チャン・ウヨン