「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」キム・ドンウク、チョン・グクファンの黒い影を暴き始める

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」放送画面キャプチャー
「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」で、キム・ドンウクはソムガン工場も実所有者がチョン・グクファンであることを知った。

20日韓国で放送されたMBC月火ドラマ「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」で、チョ・ジンガプ(キム・ドンウク)がヤン・インテ(チョン・グクファン)の黒い影を暴き始めた。

ヤン・インテは宣伝のためにマスコミの前で選挙活動に乗り出した。しかし、国民に非難を買うことになり、ヤン・インテは困惑したがポーカーフェイスを保った。そして一日カウンセラー体験現場に現れた彼のイメージメイキングは無事に終わった。

その間、ジンガプはバイト代をもらった大学生ミンウォンが違法選挙資金による被害を受けている状況を知り、ク・デギルの仕業であることに気づいた。彼はすぐにク・デギルを探す。ク・デギルはさまざまな場所を回りながらパワハラを働き、ちょうどジンガプがこの場面を目撃した。

ク・デギルは急いで逃げたが、ジンガプはすぐにク・デギルを見つけた。わざと違法選挙資金に回したと言うク・デギルにジンガプは腹が立ち、工場の従業員まで選挙事務所に駆り出した状況に怒りを表した。

ジンガプは工場の中を回りながら、厳しい環境で働いている危険な現場を目で確認し、自身の父親であるチョ・ジンチョル(キム・ホンパ)もこんな場所で働いている状況を心配し、すぐに作業を中止すべきだとしてこれを通報した。工場の現場も厳しい中で、人手を駆り出そうとしたため、爆発事故が懸念される状況だった。

しかし、政界に手を出してはならないとして、これは無視された。この時、ジンガプはソムガンの実所有者もヤン・インテであったため、皆避けていることを遅れて知った。

「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」は、往年には不義を見ると我慢できない柔道選手出身の暴力教師だったが、今では平穏無事を信念とする公務員6年目のチョ・ジンガプ(あだ名:チョ・ジャンプン)は、雇用労働部勤労監督官に発令された後に、パワハラ悪徳事業主へ報復に乗り出すことになる物語を描く痛快な風刺コメディドラマだ。

記者 : キム・スヒョン