ソン・ウッギョン、映画「LONG LIVE THE KING」に出演決定…キム・レウォン&チン・ソンギュと共演

TVREPORT |

写真=Wellsエンターテインメン
俳優のソン・ウッギョンが映画「LONG LIVE THE KING:木浦(モクポ)英雄」に合流する。

本日(21日)、所属事務所のWellsエンターテインメント側によると、ソン・ウッギョンは「LONG LIVE THE KING:木浦英雄」でチャン・セチュル(キム・レウォン)の友人で、刑事のチョン班長役をつとめ、熱演を披露する予定だ。

「LONG LIVE THE KING」は人気のウェブ漫画を映画化した作品だ。木浦 (モクポ)八竜会のボスが国会議員選挙に出馬し、政治家になって世の中を変えるために繰り広げる痛快な逆転ドラマだ。映画「犯罪都市」を演出したカン・ユンソン監督の次期作ということで早くも注目を浴びた。俳優キム・レウォン、ウォン・ジナ、チン・ソンギュ、チェ・グィファなどが出演を確定した。

ソン・ウッギョンは映画「マイ・リトル・ヒーロ」、「Man of the edge」、「共助」、「興父」、「猖獗」などを始め、ミュージカル「白凡」、「マンマミーア」、「私のこころのオルガン」、「印塘水愛歌」などに出演し、舞台とスクリーンを行き来しながら安定的な演技で活躍してきた。

ソン・ウッギョンは「今回の作品を通じてカン・ユンソン監督、そして先輩たちと一緒に仕事ができてとても幸せだ。特に現場で演技的に全てを表現できるようにたくさん配慮しくれた監督に感謝する」と「LONG LIVE THE KING」出演の感想を明かした。

映画「LONG LIVE THE KING:木浦(モクポ)英雄」は韓国で6月19日に公開される。

記者 : シン・ナラ