防弾少年団、米スタジアムツアーを盛況裏に終了…計32万人を動員「全てARMYのおかげ」

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が米スタジアムツアーを華やかに終了した。

防弾少年団は5月18日と19日(現地時間)、アメリカ・ニュージャージーにあるメットライフ・スタジアムで「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」ツアーを開催した。

同日、防弾少年団は古代ギリシャの神殿を連想させる華やかなセットを背景に客席を埋め尽くしたファンの歓声の中で「Dionysus」を歌いながら舞台に登場した。続けて「Not Today」「IDOL」「FAKE LOVE」「MIC Drop」リミックスなど、ヒット曲を相次いで披露し、強烈なパフォーマンスで公演を盛り上げた。"

7人のメンバーのソロステージと共に今回のスタジアムツアーからニューアルバム「MAP OF THE SOUL : PERSONA」のタイトル曲「Boy With Luv(feat. Halsey)」と収録曲「Dionysus」「Make It Right」「Mikrokosmos」などが追加され、新しいステージとパフォーマンスでファンをより一層熱狂させた。

これで防弾少年団は4月、アメリカ・ロサンゼルス・ローズボウルスタジアムを皮切りにシカゴのソルジャーフィールド、ニュージャージー・メットライフスタジアムまで3都市で6回の公演を開催し、計32万人の観客を動員した。

スタジアムツアーが開催された都市には防弾少年団のワールドツアーポップアップストア(BTS WORLD TOUR POP-UP STORE)が設けられた。

アメリカでスタジアムツアーを終えた防弾少年団は「こんなに大きなステージで公演を披露し、スタジアムツアーができたのは全てARMYの皆さんのおかげだ。夢見ることさえ出来なかったこのステージを僕たちが一緒に作り上げた。スタジアムのツアーを始めてから感じた胸のときめきと緊張が皆さんのおかげで喜びと幸せに変わり、忘れられない思い出になった。いつもそうだったように皆さんが僕たちにとっては夜の星で、僕たちを導いてくれる灯台だ。ステージを一緒に楽しんでくれたARMY、本当にありがとう。愛してる」と感想を伝えた。

防弾少年団は25日と26日、ブラジル・サンパウロのアリアンツ・パルクで「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」ツアーを続けていく。また、6月7日から7月11日にはニューヨークで「24/7=Serendipity」展示会を開催する予定だ。

記者 : パク・スイン