「PRODUCE X 101」激戦のグループXバトル評価…リアルタイム投票でキム・ヨハンが1位を獲得(動画あり)

OSEN |

写真=Mnet「PRODUCE X 101」放送画面キャプチャー
「PRODUCE X 101」のレベル再評価に続き、グループXバトルが始まった。番組の後半部に公開された、リアルタイム投票1位はキム・ヨハンが獲得した。

17日に韓国で放送されたMnet「PRODUCE X 101」では、映像での評価を通じた格付けの再調整結果と2度目のバトル評価が公開された。

この日、Xレベルのソン・ヒョンジュン、カン・ミンヒなどがDレベルに躍り出て、Bレベルのソン・ドンピョ、キム・シフンはAレベルに上方修正された。他にもイ・ジンヒョク、キム・ウソク、イ・ジュンヒョク、パク・ユンソル、キム・ヒョンビン、ハム・ウォンジンなどの練習生もAレベルになった。

これに伴い、Aレベルの練習生の下向調整も行われた。曲を殆どを歌えなかったトニーはFレベル、そしてキム・ヨハンも低迷した姿を見せたせいでCレベルに調整された。

一方でソン・ドンピョは、Aレベルに上方修正されたとたんセンター候補に上がり、センターを獲得した。ソン・ドンピョは「国民プロデューサー様。投票してくださって本当にありがとうございます。練習生たちに恥ずかしくないセンターになります」と感想を伝えた。

続いて、2番目の評価課題が公開された。それはグループXバトルで、1つアイドルグループのデビュー曲を披露するチームとヒット曲を披露するチームに分かれて、両チームが対決するという方式だった。

センターとして真っ先にチームを作ることができる権限を得たソン・ドンピョは、自身のチームのメンバーとしてイ・ジンヒョク、ハン・スンウ、キム・ヨハン、チャ・ジュンホなどを選択し、曲はNCT Uの「BOSS」に決定した。これで結成されたソン・ドンピョを含む「BOSS」チームは“アベンジャーズ”という別称を得ることになった。

「BOSS」チームのセンターとしてはイ・ジンヒョクが選ばれた。しかしNCT Uの「BOSS」はラップのパートがほとんどな歌であったことから、ボーカルのポジションのメンバーは動揺した。この時、キム・ヨハンが優れたラップの実力を自慢して視線を引いた。しかし、彼はボーカルを学びたい思いがあったため、ラップのパートを務めることを悩んだ。

クム・ドンヒョンを中心に構成された「Love Shot」チームも期待を集めた。実力も人気もすべてを備えた練習生で構成された「Love Shot」チームは“クムベンジャーズ(クム・ドンヒョン+アベンジャーズ)”という別称を得た。特に、ペ・ユンジョントレーナーが彼らの実力を高く評価したことから、より一層注目を集めた。

「Love Shot」チームは、完成度の高いステージで周りの感嘆を誘った。振り付けで困難を経験したイ・セジンも上手く調和していた。ファン・ユンソンを筆頭にした「MAMA」チームも想定外の善戦を見せたが、結果は「Love Shot」チームの勝利だった。

番組の最後にはリアルタイム投票の順位が公開された。ここでキム・ヨハンは、2週連続1位に上がり、2位はキム・ミンギュ、3位はイ・ウンサンだった。4位と5位にはそれぞれソン・ヒョンジュンとナム・ドヒョンが後を継いだ。



記者 : シム・オンギョン