EXID、ミニアルバム「WE」ショーケース開催…“一緒に思い出を作りましょう”

Newsen |

写真=イ・ジェハ
EXIDが、完全体として発売する最後のアルバムを公開した。

EXIDは本日(15日)午後、ソウル漢南洞( ハンナムドン)ブルースクエアアイマーケットホールにてミニアルバム「WE」のメディア向けショーケースを開催した。

EXIDのニューアルバム「WE」は「個人よりは私たち」というメッセージに集中したアルバムだ。タイトル曲「ME&YOU」は叙情的なメロディから始まり、カリスマ性溢れる意外な展開が際立つムーンバートンジャンルの楽曲で、別れる恋人にこれ以上「私たち」ではなく、他人であることを宣言する歌詞を強い語調で表現した。

作業に参加したLEは「意外性が際立つ楽曲だ。従来のEXIDの楽曲とは少し違う感じを持っている。恋人に『これ以上私たちはない。あなたと私だ。関わらないで』というメッセージを込めている」と紹介した。続けて「前もストレートな歌詞が多かったのでそういう部分を生かした」と話した。

EXIDは最近ソルジ、LE、ヘリンが今の事務所であるバナナカルチャーエンターテインメントと再契約を締結し、ハニとジョンファは決別を決めたことで転換期を迎えることになった。今回のアルバム活動を最後に韓国では、しばらく5人組を見ることができなくなる。しかし、日本では1年間、メンバー全員そろって活動する。

ソルジは「悩みというよりこの瞬間が大切だったと思う。それでもっと頑張ろうとした。私たちにとってとても大切な時間だと思ってお互いに良い話をしてあげたし、コミュニケーションしながらよい気持ちで準備した」と話した。ハニは「とても大事だと思って準備した。準備の過程から今この瞬間まであまりにも大切だ。それでもっと意義深いアルバムではないかと思う」と感想を語った。

収録曲「WE ARE…」は、EXIDが直接ファンに伝えるファンソングで“私たち”というテーマをメンバーそれぞれの考えを込めて表現した。メンバーらがそれぞれのパートを直接作詞した。

ハニは「LE姉さんが皆で歌詞を書こうと言いながら私にミッションをくれた。どんな話を込めたいかという内容を送ってきたが、それを書きながら泣いた」と話した。レコーディング中、録音が中断されるほど泣いたというソルジは「涙が出る時は目に手を当てるじゃないか。ずっと当てていた。5人の話が盛り込まれていて胸にジーンと来たと思う。悲しみも悲しみだが、とてもジーンと来た。メロディも悲しかったし、感情に入り込んだ」と話した。

ソルジはファンに「『WE ARE…』という歌に私の気持ちを込めた。ぜひ聴いて頂きたいと思う。限りなく感謝している。恩返しするためもっと頑張っているし、良い歌をお聞かせするため努力している。ずっと一緒にいたい」と話した。

ジョンファは「ファンの方々は今の状況について大変心配なさっているようだ。私たちの方から公式発表があってすぐにカムバックの記事が出るなど、突然色々な情報をお聞きになり、驚かれるのではないか私たちもたくさん心配した。今は私たちがカムバックしてアルバムを持ってきたことだけに集中して頂きたい。一緒に楽しむことに意義を置いて頂きたい。一緒に思い出を作りましょうと言いたい」と話した。

EXIDはハニ、ジョンファが再契約しなかったことに対し、「解散ではない」と数回も強調した。LEは「公式発表が出てから多く報道されて『ラストアルバム』という話が多かった。絶対にラストアルバムではない。私たちは本当にたくさん話しているし、良いニュースをお伝えするため努力している。心配しなくてもいい」と話した。

ソルジは「再契約をしないメンバーたちがいる時、3人、2人に分かれる。活動をどういうふうにするか話し合っている。お互いに努力しなければならない部分があるが、できる部分だと思う。その部分を模索しているし、コミュニケーションしている。どういう方法でするという答えを今は申し上げれないが、ずっと努力してEXIDが最後の活動にならないようにしたい」と明らかにした。

LEも「記事が出てからEXIDが解散するのではないかという話をたくさん聞いた。ところで、私たちは絶対解散を望んでいるわけではない。EXIDをずっと続けていきたい気持ちは5人とも一緒だ。ただ、今再契約をしないメンバーたちがいるので『これって解散ではないか』とおっしゃるようだが、私たちは解散するつもりはない。ずっと続けていけるよう努力する」と強調した。

記者 : イ・ミンジ