ファン・ハナ容疑者、初公判を6/5に延期…弁護人側「事件を把握する時間が必要」

MYDAILY |

写真=ファン・ハナ Instagram
麻薬を購買し、投薬した容疑で起訴された南陽(ナムヤン)乳業創業主の孫ファン・ハナ容疑者の初裁判が延期された。

本日(15日)、水原(スウォン)地裁によるとファン・ハナ容疑者の初公判期日は当初、本日(15日)の午前10時だったが、6月5日の午前10時10分に変更された。

ファン・ハナ容疑者の弁護人側が14日、事件を把握する時間が必要だと延期を申請し、裁判所がこれを受け入れたのだ。ファン・ハナ容疑者は最近、反省文を提出し続け、弁護人を新たに選任して再整備するなど、量刑を減らすために裁判を準備しているという。

これに先立ってファン・ハナは2015年から2018年まで3回にわたって麻薬を投薬した容疑、今年2月から3月までヒロポンを3回投薬した容疑などで裁判を受けることとなった。

記者 : キム・ナラ