「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」キム・ギョンナム、義理も愛も守った

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」画面キャプチャー
「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」キム・ギョンナムが義理も愛も守った。

韓国で14日に放送されたMBC月火ドラマ「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」 で、チョン・ドック(キム・ギョンナム)は困った状況に陥った。自身の秘密がコ・マルスク(ソル・イナ)にバレたのだ。

チョン・ドックが、意図的に接近したことに気づいたコ・マルスクは彼を訪れた。知らないふりをしたが、自身のせいで苦労したマルスクをずっと心配していたドックは、チェ・ソラ(ソン・オクスク)によってめちゃくちゃになった顔で訪れたマルスクに悲しんだ。

チェ・ソラに復讐することを約束したドックはマルスクと二人だけの時間を過ごしたが、ミョンソン建設の診断チームがやってきた。マルスクもドックを利用したのだ。ドックはチェ・ソラが不法査察を行った証拠を全て奪われた後、散々殴られた。傷ついた顔で涙を流すドックの姿は見る人々も悲しませた。

しかし、ドックは絶望しなかった。ジンガプに、チェ・ソラからマルスクを取り戻すと宣言したのだ。そして結局、マルスクはヤン・テス関連の録音ファイルをドックに渡して、チェ・ソラを離れてドックのそばに戻ってきた。苦労の末、お互いの心を確認していちゃつくドックとマルスクの姿は視聴者を微笑ませた。

キム・ギョンナムは「『特別勤労監督官チョ・ジャンプン』で尊敬する先生ジンガプにとっては義理のある弟子、カップウル企画の社員にとっては頼もしい社長、マルスクにとってはロマンティスストのチョン・ドックに扮し、コミカルな魅力とアクション、さらにロマンチックな魅力で「チョ・ジャンプン」ファンに大きく愛されている。

記者 : チョ・ヘリョン