2PM ジュノ、チョン・ソミンと「妓房の郎子」で4年ぶりに共演“とてもうれしかった”

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
2PMのジュノがチョン・ソミンと久しぶりに再会した感想を明かした。

14日午前、ソウル中(チュン)区東大門(トンデムン)MEGABOXで開かれた映画「妓房の郎子」(監督:ナム・デジュン、制作:ブレインシャワー、JYPピクチャーズ)の制作報告会が開催された。

制作報告会にはジュノとチョン・ソミン、チェ・グィファ、イェ・ジウォン、5urprise コンミョン、そしてナム・デジュン監督が出席した。

「妓房の郎子」は廃業の危機に立たされた妓房の「ヨンプンガク」を救うためにホ・セク(ジュノ)が男の妓生(キーセン)に変身する内容だ。

ジュノはこの日、チョン・ソミとの再会について語った。ジュノは「4年前に『二十歳』で初めて共演したが、年が近いので、これまで互いに応援しながら過ごしてきた。『妓房の郎子』で再会することができてとてもうれしかった」と話した。

チョン・ソミンは「ジュノが出演すると聞いて嬉しかった。一緒に撮影しながら驚いたのは、アイデアが多いことだった。コメディーがこんなに上手だとは知らなかった。そのためとても心強かった」と説明した。

映画「妓房の郎子」は韓国で6月公開予定だ。

記者 : ソク・ジェヒョン