防弾少年団 V、オーディション番組の映像をSNSで共有…ドイツ人の14歳少女に感謝

Newsen |

写真=Newsen DB、ドイツ「The Voice Kids Germany」放送画面キャプチャー
防弾少年団 Vが、オーディション番組で自身の歌を歌ったドイツファンの動画リンクを掲載して話題を集めた。

Vは10日、防弾少年団の公式Twitterに「ありがとう」という意味のドイツ語「Danke schon(ダンケンシェン)」という書き込みと共にYouTubeの映像リンクを掲載した。

この動画はドイツの人気オーディション番組「The Voice Kids Germany」に出演したエブリン(Evelyn)という14歳の少女が、オーディション曲として昨年リリースされた防弾少年団の曲「伝えられなかった想い(The Truth Untold)」を歌う様子が収められている。

エヴリンはこの曲を韓国語の歌詞で歌い、審査員は慣れない言語に「どこの国の言葉か」と質問した。韓国語だというエヴリンの回答に審査員たちは「韓国語で3、2、1は何か」と聞くと、「セッ(三)、トゥル(二)、ハナ(一)」を答えた。

エヴリンは、K-POPに興味を持つようになって韓国語を覚えたと告白した。これに対して審査員たちは、「BTS、知ってるしょう? 本当にすごいね。BTSに影響されて韓国語を勉強している少女たちが出ているなんて」と感心した。

これまで海外有名オーディション番組で韓国の歌を歌った参加者は、留学生や韓国人がほとんどだった状況で、K-POPに対する関心だけで韓国語を勉強してオーディションに参加したエヴリンが話題を集めた。この映像を見た防弾少年団のVも直接リンクをシェアして感謝の気持ちを表した。

防弾少年団&TXT、アメリカで再会…仲睦まじい記念ショットが話題

防弾少年団 Vからキム・ヒョナまで「歩くだけで魅力を放つ」6人の空港ファッションに注目!

記者 : イ・ハナ