「自白」放送終了…2PM ジュノ、演技への情熱感じる表現力で視聴者を魅了

TVREPORT |

写真=JYPエンターテインメント
「自白」に出演した2PMのジュノが、最後まで好評を引き出し、“信頼して見られる俳優”となった。

韓国で12日に幕を下ろしたtvN土日ドラマ「自白」(脚本:イム・ヒチョル、演出:キム・チョルギュ、ユン・ヒョンギ)は、“一事不再理”という法の垣根に隠された真実を追う人々のストーリーを描いた。演技と脚本、そして演出まですべての要素が調和を成したジャンル物と評価され、その中心には主人公のチェ・ドヒョン役を演じたジュノがいた。

所属事務所JYPエンターテインメントによると、ジュノは「自白」のために努力を惜しまなかった。自然な弁護士演技を披露するため、事前に法曹関係者の助言をもらい、発音の練習に力を入れた。また心臓病を患ったというキャラクターの特性から来る体の弱さを視覚的に表現するために体重の減量まで行った。その結果、ジュノはチェ・ドヒョンのキャラクターと一体になった演技を披露することができた。

それだけでなく、ジュノは法廷シーンでは緊張感を与え、死刑囚の父に関する苦しい過去が登場する際には、密度のある感情演技を披露した。特に「自白」第10話でチン夫人(ナム・ギエ)から心臓移植に関する真実を聞く場面は、ジュノの演技力が爆発した瞬間だった。どんな言葉を発する隙もなく、一瞬にして涙がこみあげてきた場面は、視聴者間で言及され続け、名演技として残った。

ジュノは「ドヒョンがこの話を聞いたらどう反応するかとても悩んだ」とし、該当シーンの誕生背景を伝えた。続いて「心臓が先に反応したように、涙も台本にはなかった。ナム・ギエ先輩と演技のやりとりをしていると自然に涙が流れてきた」と完全に演技に集中していた当時を振り返った。

このようにジュノは、キャラクターの研究に情熱を注ぎ、ユ・ジェミョン(キ・チュンホ役)など同僚俳優との共演でもシナジー効果(相乗効果)を生み出し、ウェルメイドジャンル物を完成させた。

ジュノはKBS 2TV「キム課長」、JTBC「ただ愛する仲」、SBS「油っこいロマンス」などに出演した。今年に公開される予定の映画「妓房の郎子」でスクリーンでも活躍する見込みだ。

記者 : パク・グィイム