Wanna One出身キム・ジェファン、デビュー曲「こんにちは」MV予告映像を公開…女優キム・ユジョンと共演

OSEN |

写真=SWINGエンターテインメント
Wanna One出身のキム・ジェファンがデビュータイトル曲「こんにちは」のミュージックビデオ予告映像で女優キム・ユジョンと演技の呼吸を合わせた。

本日(12日)0時、キム・ジェファンの公式SNSを通じて1stミニアルバム「Another」のタイトルの曲名とミュージックビデオの予告映像が電撃公開された。

公開されたタイトル曲のミュージックビデオの予告映像では、キム・ユジョンがサプライズ出演し、大衆の注目を集めた。映像の中でキム・ジェファンとキム・ユジョンは、それぞれ他のフロアでお互いを探してさまよう。結局、向かい合った2人は、切ない眼差しを送りながら、善男善女の出会いを予告して好奇心を引き上げた。

さらに、映像の最後にはキム・ジェファンの1stソロデビューの曲名「こんにちは」がベールを脱いだ。ソロデビュー曲であるだけに、ミュージックビデオを通じて自ら演技に挑戦したキム・ジェファンがキム・ユジョンとどのような話を展開していくか、本編に対する期待感が高まっている。

昨年Wanna Oneの活動を終えたキム・ジェファンは、多様な映像コンテンツやバラエティ番組への出演でファンと絶えず交流してきた。さらに、正式デビューに対する関心を一身に受けた彼は、本格ソロデビューの知らせを伝え、1stアルバムのコンセプトフォトを公開し始めた。「Pure」と「Classy」2つのコンセプトを予告した今回のアルバムは、現在「Pure」バージョンのコンセプトフォトだけが公開されている状態だ。

キム・ジェファンの純粋な少年美を盛り込んだ2枚の「Pure」バージョンコンセプトフォトと一本のドラマのようなタイトル曲のミュージックビデオの予告映像が公開された中で、まだ公開されていない「Classy」バージョンのコンセプトフォトではキム・ジェファンのどのような魅力が見れるか注目される。

11日に韓国で放送されたKBS 2TV「不朽の名曲」に出演したキム・ジェファンは、I.O.I出身キム・チョンハと共にユリサンジャの「愛してもいいですか」のデュエット舞台を披露した。同じオーディション番組で4位としてデビューした縁を持った2人は、繊細な感性やボーカルの実力を誇り、美しいハーモニーを作り出して話題を集めた。

キム・ジェファンは今月20日午後6時、各種の音源配信サイトを通じて1stミニアルバム「Another」を発売し、26日には蚕室(チャムシル)室内体育館で初の単独ファンミーティング「MIN:D」を開催する。

記者 : ソン・ミギョン