Apink チョン・ウンジ、初のソロツアーで海外ファンからの要請が殺到…シンガポールでの追加公演が決定

OSEN |

写真=PlayM Entertainment
Apink チョン・ウンジが初の単独アジアツアーの開催地を追加し、ソロ歌手として海外で高い人気を証明した。

所属事務所であるPlayM Entertainmentは本日(10日)、「アジアツアー『2019 Jeong Eun Ji 1st Concert Hyehwa』の開催地にシンガポールを追加することになった。海外のファンからの要請に支えられ、このように決定した」と伝えた。

これでチョン・ウンジは6月9日、シンガポールのZepp@BIGBOXで現地のファンに会うことになった。チョン・ウンジはこれに先立ち、香港公演が全席完売されると共に1回の公演を追加すると伝えたことに続き、シンガポール公演の開催まで知らせ、アジア圏で高い人気をもう一度確認した。

チョン・ウンジは昨年末、ソウルと大邱(テグ)、釜山(プサン)などで開かれたソロコンサート「暳花(フェファ)駅 」のチケットも全席完売を記録した。11月には日本で「2018 Jeong Eun Ji 1st Live in Japan Hyehwa 」を盛況裏に終え、代表的なソロ女性アーティストとして韓国国内外で人気を博している。

今月4日には、台湾で行ったコンサートで1500人余りのファンを集め、アジアツアーの好調なスタートを知らせたチョン・ウンジは18日に香港、9日にシンガポールでその熱気を続けていく予定だ。

チョン・ウンジは最近、10cmのクォン・ジョンヨルと春のデュエット曲である「一緒に歩きましょう」を発売し、反響を呼んでいる。また、今月29日には映画「0.0MHz」で主演デビューを控えているなど、歌手と女優として精力的に活動している。

記者 : チ・ミンギョン