赤頬思春期、単独コンサート「花の気配」が盛況裏に終了“一緒に幸せな思い出を作っていきたい”

MYDAILY |

女性デュオ赤頬思春期の初単独コンサート「花の気配」が盛況裏に終了した。

4日と5日の二日間、ブルースクエアアイマーケットホールにて開催された頬赤思春期の初単独コンサート「花の気配」は、チケット販売開始と同時に完売を記録、その人気を実感させた。

特に今年でデビュー3年目となった赤頬思春期は、今回の単独コンサートを通じて大人気となった代表曲たちだけではなく、特別なソロステージも披露した。アン・ジヨンはMAMAMOOのファサの「twit」、バンドJannabiの「ためらう恋人たちのために」をカバーして“音色女神”の魅力をアピール、ウ・ジユンは防弾少年団の「Boy With Luv」、WINNER ソン・ミノの「FIANCE」のダンスを披露してファンを熱狂させた。

また赤頬思春期は公演中にファンに向かって直筆サインが入っているハートボールを投げるなど、サプライズファンイベントでファンに忘れられない思い出をプレゼントし、ファンは大きな歓呼とテチャン(歌に合わせて一緒に歌うこと)で会場の雰囲気を盛り上げた。

続いて赤頬思春期は「コンサート中に一緒に歌を歌ってくれて、応援してくれるファンの方々を見て胸がいっぱいになり、嬉しかったです。今後も一緒に長く幸せな思い出を作っていきたいです」とコンサートの感想を伝えた。

赤頬思春期は6月5日に日本で正式デビューし、グローバルな活動を続けて行く予定だ。

記者 : クォン・ヘミ