イム・ハンビョル、新曲「五月のある春の日」予告映像を本日公開…EXO チェンがフィーチャリングに参加

Newsen |

写真=MOSTWORKS
Monday Kiz出身イム・ハンビョルが新曲「五月のある春の日」の発売を控え、予告映像を公開する。

イム・ハンビョルは本日(10日)午後6時、公式YouTubeとSNSチャンネルを通じて新曲「五月のある春の日」の予告映像を公開する予定だ。音源発売のニュースと共にデュエットを予告した歌手がEXOのチェンであることが分かり、さらに関心が高まっている。

新曲「五月のある春の日」は「別れシリーズ」3部作の最後の楽曲で、イム・ハンビョルが作詞と作曲、プロデュースにまで参加し、期待を高めている。持ち前の澄んだ美声と圧倒的な高音を込めた新曲「五月のある春の日」は、別れの手順を踏む恋人たちが感じる様々な感情を繊細に表現した。

特に最近、ソロボーカリストとしてイメージチェンジに成功したEXOのチェンがボーカルのフィーチャリングに参加し、イム・ハンビョルとのハーモニーと抜群な高音のハイライトを披露する予定だ。

ソロ活動で濃い感性を盛り込んだ楽曲を披露し、愛されているイム・ハンビョルの新曲発売は音楽ファンから注目されている。

イム・ハンビョルはA'st1としてデビューし、Monday Kizのボーカルとして活動した。シングル発売前、Onestarという芸名で作曲家として活躍した。SUPER JUNIORドンヘとウニョクによるユニットSUPER JUNIOR D&Eの「Take it slow」、NCT DREAMの「Walk You Home」などの楽曲に作詞、作曲をはじめ、編曲にまで参加し、実力を証明した。昨年9月に「The Way To Say Goodbye」を発売し、ソロアーティストとして好調なスタートを切った。

「五月のある春の日」の予告映像は、本日(10日)の午後6時に公開される。

記者 : ファン・ヘジン