Dal★Shabet ダル・スビン、ドラマ「怪しい義理の母」に出演決定…新たな姿に期待

Newsen |

写真=キーイースト
Dal★Shabet出身のダル・スビンがデビュー後、初めて正劇 (シリアスで深みのある内容を扱った作品)に出演する。

ダル・スビンは、5月20日に韓国で放送がスタートするSBS新朝ドラマ「怪しい義理の母」でチン・エヨン役に抜擢された。

「怪しい義理の母」は一目ぼれして恋に落ちたウンソク(パク・ジヌ)とジェニー(シン・ダウン)、非の打ち所がない素晴らしい男性であるウンソクに反対する怪しい義理の母、スジン(キム・ヘソン)の物語を描いた作品だ。妻の母が仇になってしまったウンソクの物語とジェニーの成長の過程に隠された衝撃的な真実と秘密を暴くドラマ。

ダル・スビンが演じるチン・エヨンは男に拘束されるのが嫌でダンスと歌、遊びが好きな自由恋愛主義者。親の事業でハワイで余裕のある環境の中で育ち、単純で無垢、ハツラツとした性格といつどこへ向かうかわからない魅力を持った人物に扮し、ドラマに活気を吹き込む予定だ。

女優として第1歩を踏み出すことになったダル・スビンは「いい役があるからといって、あるいはできるだけブランクなしで女優の姿を見せなければならないと思い、急いで準備もできてない状態で欲を出したくはなかったです。小さな役から着実に演じるという覚悟で演技塾にも一生懸命に通い、オーディションも受けながら準備してきました」と伝え、どんな姿を見せてくれるのだろうか、期待を高めた。

「怪しい義理の母」は「江南スキャンダル」の後番組で韓国で5月20日の午前8時40分に放送スタートする。

記者 : パク・スイン