ソンフンからハン・ボルム&B1A4 バロまで、新ドラマ「レベルアップ」台本読み合わせの現場公開

Newsen |

写真=iHQ
「レベルアップ」初の台本読み合わせの現場が公開された。

7月10日に初放送されるDramax、MBNの新水木ドラマ「レベルアップ」は、再生率100%の構造改革専門家アン・ダンテ(ソンフン)とゲームオタクのシン・ヨンファ(ハン・ボルム)が倒産した会社を再生させる新作リリースのために奮闘するラブコメディドラマだ。

台本読み合わせの現場には、作品を引っ張っていくキム・サンウ監督、キム・ドンギュ脚本家とソンフン(アン・ダンテ役)、ハン・ボルム(シン・ヨンファ役)、デニー・アン(パク・ギルウ役)、カン・ビョル(ペ・ヤチェ役)、B1A4のバロ(クァク・ハンチョル役)をはじめ、イ・ビョンジュン(シン・ヨンファの父役)、チョン・スギョ(カン・ソング役)、ソン・サンヨン(キム・フン役)、イ・ガウォン(ミジャ役)など、主要キャストが一堂に会した。

本格的に始まる前、キム・サンウ監督は「作品が終わるまで、安全にそして楽しく作業できるように最善を尽くす」と意気込みを表し、「このように俳優の方々、スタッフの方々を見たらすごく心強い。無事に終えてほしい」というキム・ドンギュ脚本家の言葉が熱い歓声を浴び、和やかな雰囲気を続けていった。

ソンフンは台本の読み合わせが始まると、優しい普段の眼差しは跡形もなく消え、冷たく冷静なアン・ダンテに変身し、メリハリのあるセリフでより一層魅力的で刺々しい本部長役を完成させた。情熱あふれるゲーム会社の開発室長シン・ヨンファ役を務めたハン・ボルムも多彩な感情とハツラツとしたセリフを愛らしくこなし、ソンフンといざこざケミストリー(相手との相性)を見せ、ドキドキラブコメディカップルの誕生を予告した。

ユソンCRCの経営室長でアン・ダンテの親友パク・ギルウ役のデニー・アン、アン・ダンテと妙な気流を形成するエンターテインメント代表ペ・ヤチェ役を務めたカン・ビョル、ユソンCRCの新入社員クァク・ハンチョルを演じたバロも、それぞれのキャラクターに完全に入り込み、ドラマに緊張感と楽しさを与えた。その他にも個性あふれるキャラクターの饗宴と俳優たちの息ぴったりの熱演で、現場は愉快な笑顔に包まれた。

Dramax、MBN新水木ドラマ「レベルアップ」は、豪華俳優たちの相乗効果と共に7月10から放送がスタートする。

記者 : パク・スイン