SUPER JUNIOR キュヒョン、本日(5/7)召集解除…現場でファンがお出迎え“メンバー全員が軍服務終了”

TVREPORT |

SUPER JUNIORのキュヒョンが帰ってきた。

7日午後、キュヒョンはソウル城北区(ソンブクク)視覚障害者福祉センターでの社会服務要員の代替服務を終えて召集解除となった。

2017年5月25日、忠清南道(チュンチョンナムド)論山(ノンサン)訓練所に入所したキュヒョンは、その後、ソウル城北視覚障害者福祉センターで代替服務を行った。

最後の勤務を終えたキュヒョンは、自分を待ってくれたファンに頭を下げて挨拶し、目を合わせて手を振るなどして感謝の意を伝えた。

キュヒョンは短い休息を取った後、本格的な公式活動に突入する。キュヒョンは19日、ソウル慶煕(キョンヒ)大学平和の殿堂でファンミーティング「また会う今日」を開催する。その後25・26日の両日、ソウルオリンピック公園で行われる「SEOUL JAZZ FESTIVAL 2019」に出演し、歌手としてファンと会う。

また、入隊前にtvN「新西遊記」を通じて特有のバラエティセンスを認められただけに、キュヒョンはシーズン7出演のオファーを受け、現在出演を検討中だ。

キュヒョンまでが召集解除され、今回でSUPER JUNIORのメンバー全員が軍服務を終えた。

同日、リーダーのイトゥクは自分のSNSに同日、リーダーのイトゥクは自分のSNSに「#キュヒョンよ、ご苦労さま。#席をもう一つ作らないと」「#SUPER JUNIOR #軍隊全て解決 #10年ほどかかった #スジュカムバック2019 #いつかは私も知らず #だけど期待する #ギュバラやるべきことが多い」という内容の書き込みを掲載した。

ドンヘも「2年間お疲れさま。これからも一緒にいよう。SJ全員が軍服務クリア」とキュヒョンの召集解除を歓迎し、ヒチョルも自分のInstagramにキュヒョンと撮った写真一枚と共に「行こう」という文でキュヒョンの今後の活動に対する期待感を高めた。

SUPER JUNIOR イトゥク、キュヒョンの召集解除を祝う「メンバー全員の軍隊が解決…約10年かかった」

SUPER JUNIOR ドンヘ、キュヒョンの召集解除をお祝い…仲良し2ショットを公開「2年間お疲れさま」

SUPER JUNIOR キュヒョン、5月7日に召集解除…ファンミーティングの開催を発表

記者 : キム・ジェチャン