放送終了「サイコメトリーあいつ」GOT7 ジニョン&シン・イェウン&キム・グォン、それぞれの行方は?

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「サイコメトリーあいつ」放送画面キャプチャー
tvN月火ドラマ「サイコメトリーあいつ」が幕を下ろした。

4月30日に韓国で放送されたtvN「サイコメトリーあいつ」最終話では、イ・アン(GOT7 ジニョン)とユン・ジェイン(シン・イェウン)がお互いの傷を舐め合いながら生きていくことを約束したハッピーエンドとなった。公式サイコメトリーになるために、警察試験に挑戦したイ・アンと事件の捜査に情熱的な警察ユン・ジェイン、揉めながらも愛情を見せる2人の姿は、視聴者の心にも切ない幸福感を与えた。

一方、カン・グンテク(イ・スンジュン)という恐ろしい怪物から母親のカン・ウンジュ(チョン・ミソン)を救うために、2005年ヨンソンアパート事件を犯したカン・ソンモ(キム・グォン)は、傷を負ったはずのイ・アンとユン・ジェインに心から謝罪し、彼も別の犯罪の被害者だったことを勘案して、懲役13年の刑が言い渡された。無戸籍者であることを利用して、残酷な犯罪を犯してきたカン・グンテクも裁判にかけられ、もう逃げないことを決心したカン・ウンジュの証言で、無期懲役を受けた。

記者 : パク・アルム