チ・チャンウク、除隊後の復帰作が決定!新ドラマ「僕を溶かしてくれ」主演にキャスティング

MYDAILY |

写真=Gloryusエンターテインメント
俳優チ・チャンウクが除隊後の初作品としてドラマ「僕を溶かしてくれ」の出演を確定した。

tvN新ドラマ「僕を溶かしてくれ」(脚本:パク・ミギョン、演出:シン・ウチョル)は、24時間の冷凍人間プロジェクトに参加した男女が、ミステリアスな陰謀によって20年後に目を覚まし、生存するためには平均体温31.5度を維持すべきという副作用と、胸が熱くなるトキメキの間で綱渡りをする解凍ロマンスだ。

ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」「品位のある彼女」のペク・ミギョン脚本家と、「シークレット・ガーデン」「紳士の品格」のシン・ウチョル監督がタッグを組み、最高のヒット作メーカーの出会いで話題を集めている。さらにチ・チャンウクの合流で完璧な興行ケミ(ケミストリー、相手との相性)が完成され、期待と信頼を与えている。

チ・チャンウクは冷凍人間から目を覚ますバラエティ局のスタープロデューサーマ・ドンチャン役を演じる。制作したらヒットする、時代のトレンドを分かる放送局の能力者だ。本人が制作した番組である冷凍人間プロジェクトに直接参加して24時間で目を覚ます予定だったが、目を覚ましたら20年が経っていた。両親と弟、放送局の先輩と後輩、恋人など皆が20歳年を取る間、20年前の姿で目覚めて完璧なフィジカルとハンサムなルックスを誇示する。このような設定は2年間の軍入隊の空白にも関わらず、変わらないビジュアルを誇示してファンを驚かせたチ・チャンウクと、シンクロ率200%だという評価を受けている。

2017年、入隊を控えて開催したコンサートでアクションとラブコメの中で、もう一度挑戦してみたいジャンルについて聞く質問に、チ・チャンウクは「僕の体質はロマンスだ。アクションにも挑戦したいけれど、除隊後にロマンス中心の作品に出演したい」と答えた。除隊後、どんな作品を次期作として選択するのか関心を集めていた彼は、初復帰作として「僕を溶かしてくれ」の出演を確定し、ドラマ「怪しいパートナー」に続いてもう一度ラブコメに挑戦する予定だ。

制作陣は「元祖“マンチッナム(少女漫画から飛び出してきたようなイケメン)”ビジュアルを誇示するチ・チャンウクが、熱い心を持っている男マ・ドンチャンプロデューサー役に出会って、20年間冷凍されていたミステリーとロマンスを解凍させ、視聴者の心も溶かす予定だ。2019年、胸が熱くなる解凍ロマンス『僕を溶かしてくれ』に、多くの関心をお願いしたい」と伝えた。

「僕を溶かしてくれ」は、韓国で今年下半期に放送される予定だ。

チ・チャンウク、除隊後初ファンミーティング開催「ずっと待ってくれたファンの方々を招待」

“本日除隊”チ・チャンウク、復帰を控えた思いを告白「僕が心配なことは…」

記者 : シン・ソウォン