SF9、北米4都市ツアーを成功裏に終了…5月からはヨーロッパツアーへ

OSEN |

写真=FNCエンターテインメント
SF9が米州4都市ライブツアーを成功裏に終えた。

SF9は19日(以下、現地時間)、シカゴを皮切りに、21日ニューヨーク、24日アトランタ、26日ロサンゼルスなど、北米4都市で米州・ヨーロッパツアー「2019 SF9 USA・EUROPE LIVE TOUR UNLIMITED」を開催して、ファンに会った。

SF9の北米訪問は、2017年米州ファンミーティングツアー以来、約1年5ヶ月ぶりだ。正式コンサートでは初めて訪問するだけに、充実したセットリストで会場を盛り上げた。テヤンがパフォーマンスを作った「Unlimited」で公演をスタートしたSF9は、「Enough」「Now or Never」「Easy Love」「マンマミーア!」「O Sole Mio」「Fanfare」など、ファンがライブで見たがっていたこれまでのタイトル曲を網羅したステージで視線を集めた。

現地ファン向けのカスタマイズカバーステージも観客を魅了した。ヨンビンとダウォン、ジュホはラッパーのウィズ・カリファの「See You Again」、ボーカルラインのジェユンとテヤンは人気ポップスターであるジャスティン・ビーバーの「Nothing Like Us」を熱唱し、会場のファンを感動させた。インソンはブルーノ・マーズの「Versace on the Floor」のカバーステージで歌唱力をアピールし、観客から熱い歓声を浴びた。

また、シカゴ、ニューヨーク、アトランタ公演のアンコールステージでは「Enough」の英語バージョンのステージをサプライズ公開して、人々を驚かせた。「Enough」の英語バージョンは、今回のツアーを待ってきた海外ファンたちのために特別に準備したイベントで、アメリカの音楽専門チャンネルMTVオンラインを通じてライブ映像が独占公開され、好反応を得た。

米州公演を成功裏に終えたSF9は、5月からヨーロッパでツアーを続けていく。来月2日にロシア・モスクワを皮切りに、3日ポーランド・ワルシャワ、5日ドイツ・ベルリン、9日フランス・パリ、12日イギリス・ロンドンでコンサートを開催し、現地のファンに会う。

記者 : ソン・ミギョン