JYJ ユチョン、拘束後も薬物使用の疑惑を否定…本日(4/29)再び取調べ

Newsen |

写真=Newsen DB
薬物の違法使用の疑いが持たれているJYJのユチョンが、拘束後初の取調べで嫌疑を否定している中、追加の取調べが4月29日に行われる予定だ。

4月28日、京畿(キョンギ)南部地方警察庁は同日午後、ユチョンの取調べを3時間に渡って行った。拘束以来初の取調べであるだけに、具体的な証拠を示し、疑いを追及したという。

しかしユチョンは、今回も薬物の違法使用全般に対する嫌疑を否定する趣旨と陳述をし、警察は「事実関係等を整理する時間が必要だ」というユチョン側の要求に従って、取調べを初めてから3時間で帰らせた。

警察はユチョンが拘束決定による精神的ショックが大きいものとみられるとし、円滑な取調べのために、この日の取調べを短い時間で終え、4月29日にもう一度取調べを行うことにした。

ユチョンは今年の初めに元恋人のファン・ハナ容疑者と3回に渡って覚せい剤1.5gを購入し、その一部を5回に渡って使用した疑いが持たれている。

これに先立ってユチョンは自ら記者会見を開き「僕は決して麻薬をしていない」と潔白を主張したが、その後、国立科学捜査院の薬物反応検査の結果、陽性の反応が出て、4月26日に拘束された。

ユチョンは、国立科学捜査院の検査結果をうけた後も嫌疑を否認している状態だ。

JYJ ユチョン、身柄拘束が決定…韓国地裁が拘束令状を発布「証拠隠滅・逃走のおそれ」

警察、JYJ ユチョンの追加投薬に捜査集中…ファン・ハナとの対質尋問も検討

記者 : イ・ハナ