社会現象にもなった「SKYキャッスル」日本で放送開始!FTISLAND イ・ホンギ主演作も…5月の衛星劇場も話題作が続々登場

KSTYLE | |PR

「SKYキャッスル(原題)」
(C) Jcontentree corp & JTBC Content Hub Co., Ltd. all rights reserved.
CS放送局「衛星劇場」では、5月にいよいよ「SKYキャッスル」の放送がスタートする。他にもキム・ジソク主演の「トップスター、ユベク(原題)」や、日本ドラマのリメイク「最後から二番目の恋~beautiful day」、ソ・イングクの「空から降る一億の星」「ナイショの恋していいですか!?」の一挙放送も。6月開始のユン・シユン主演の法廷ドラマ「親愛なる判事様(原題)」も第1話を先行放送。さらにGW中には、FTISLANDイ・ホンギ主演のキャンパスラブストーリー「あなたが憎い!ジュリエット(原題)」、カン・ジファンのラブコメディ「死んでもいい(原題)」などなど、日本初放送作品が続々登場する。

昨年末から今年の2月にかけて韓国で社会現象を巻き起こした「SKYキャッスル」。いよいよ5月21日(火)から本放送がスタートする。衛星劇場では4月19日に第1話を先行放送したが、すでに2話以降が気になって仕方ないという声が続出。本作では、学歴信仰社会の韓国のリアルな世相がアイロニカルに描かれている。しかし単純な“お受験ドラマ”ではなく、子供の教育や世間体に異常なまでに固執する親たちと受験競争に翻弄される子どもたち、この社会がおかしいことを分かっていながらも突き進むしかない、彼らの本音が視聴者の共感を呼んだ。そして目まぐるしく変化するスリリングな展開、スタイリッシュな映像と音楽、数々の流行語を生み出した中毒性のあるセリフ回し、出演者たちの名演技など見どころは満載。地上波チャンネルの視聴率としては、「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」を超えて歴代最高記録を更新。なぜこれほど爆発的なヒット作となったのか、ドラマを観て確認してほしい。

「トップスター、ユベク(原題)」
(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
同じく5月にスタートするキム・ジソク主演の「トップスター、ユベク(原題)」は、トップスターと超原始的女子が繰り広げるシンデレラ・ラブコメディ。「逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン-」などの“カメレオン俳優”キム・ジソクが、自他ともに認める超ナルシストのトップスター、ユベクを好演し、そのナルシストぶりが笑いを誘う。島で超原始的な生活を送る娘・ガンスンをめぐり、「あなたが眠っている間に」のイ・サンヨプ演じるヒロインの幼馴染との恋の三角関係が繰り広げられる。演出を「恋のスケッチ~応答せよ1988~」のユ・ハクチャンが手がけ、絶妙な笑いと、人と人との温かな心の交流を繊細に描き、シンデレラストーリーでありながらなんだかほっこり癒やされる、一味違うラブコメディに仕上がっている。

「空から降る一億の星」
(C)STUDIO DRAGON CORPORATION/FUJI TELEVISION

「ナイショの恋していいですか!?」
(C) CJ E&M Corporation, all rights reserved.
4月29日(月)からはソ・イングク主演の「空から降る一億の星」がアンコール一挙放送される。さらに好評企画の“注目スターのブレイク作品”として、5月1日からはソ・イングクのブレイク作品「ナイショの恋していいですか!?」も一挙放送。高校生が大企業の幹部となったことから巻き起こるエピソードを描いたロマンティック・ラブコメディで、壁ドンなどの胸キュン要素満載の作品。ソ・イングクの全く違う2つのキャラクターを同時に楽しめるチャンスだ。

「最後から二番目の恋~beautiful days」
(C)SBS
5月21日(火)から一挙放送されるのは、2012年に日本で人気を博したドラマ「最後から二番目の恋」(出演:小泉今日子、中井貴一)の韓国リメイク作「最後から二番目の恋~beautiful days」。「密会」のキム・ヒエと「トンイ」のチ・ジニが正反対の性格の男女2人を演じるアンチエイジングラブコメディだ。

「死んでもいい(原題)」
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2018 KBS. All rights reserved
そして、4月の放送作品2本も見逃せない。カン・ジファンが超オレサマ男のトンデモ上司を演じたラブコメディ「死んでもいい」は、4月26日(金)から放送開始。同じ一日が繰り返される無限ループにハマった主人公の目の前で、何度も死んでしまうカン・ジファンの演技は爆笑必至だ。

「あなたが憎い!ジュリエット(原題)」
(C)2018 SK Broadband. All rights reserved.
さらにFTISLANDのイ・ホンギ主演の青春キャンパスラブストーリー「あなたが憎い!ジュリエット」は4月30日(火)にスタート。ある女性の心の声が聞こえる能力を持つようになった男と、自分の心の声がある男に聞こえていることを知ってしまった女の運命的な恋が描かれる。

「親愛なる判事様(原題)」
(C)SBS
さらに5月29日(水)には6月スタートの「親愛なる判事様」の第1話を先行放送。ユン・シユンが優秀判事と前科5犯の一人二役を熱演し、優秀な判事である兄の代わりに、法廷に立つことになったチンピラの弟が判事として成長していく姿が描かれる。テンポの良いストーリー展開で視聴者の目を釘付けにし、同時間帯視聴率1位を記録した話題作だ。

「ヘチ(原題)」
(C)SBS
衛星劇場では、6月以降もチョン・イルの除隊後初主演となる本格時代劇「ヘチ(原題)」や、パク・シフ主演の最新作「バベル(原題)」の放送が控えている。日本初放送作品が続く衛星劇場で、ぜひドラマの世界を楽しんでほしい。

「バベル(原題)」
(C) 2019 TV Chosun

■放送情報
「SKYキャッスル(原題)」
放送日時:5月21日(火)放送スタート
毎週(火) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:ヨム・ジョンア、チョン・ジュノ、イ・テラン、チェ・ウォニョン、ユン・セア、キム・ビョンチョル、オ・ナラ、チョ・ジェヨン、キム・ソヒョン、チャニ(SF9)
演出:チョ・ヒョンタク / 脚本:ユ・ヒョンミ

「トップスター、ユベク(原題)」
放送日時:5月30日(木)放送スタート
毎週(木) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:キム・ジソク、チョン・ソミン、イ・サンヨプ
演出:ユ・ハクチャン / 脚本:イ・ソジョン、イ・シウン

「空から降る一億の星」
放送日時:4月29日(月)一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~6:15 ※一日一話進行

出演:ソ・イングク、チョン・ソミン、パク・ソンウン
演出:ユ・ジェウォン / 脚本:ソン・ヘジン

「ナイショの恋していいですか!?」
放送日時:5月1日(水)一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前6:15~7:30 (1日1話進行)

出演:ソ・イングク、イ・ハナ、イ・スヒョク、イ・ヨルム
演出:ユ・ジェウォン / 脚本:ヤン・ヒスン、チョ・ソンヒ

「最後から二番目の恋~beautiful days」
放送日時:5月21日(火)一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~6:15 (1日1話進行)

出演:キム・ヒエ、チ・ジニ、クァク・シヤン、キム・スルギ、イ・スミン
演出:チェ・ヨンフン / 脚本:チェ・ユンジョン

「死んでもいい(原題)」
放送日時:4月26日(金)放送スタート
毎週(金) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
※第1・2話再放送:5月2日(木)午後1:30~4:00

出演:カン・ジファン、ペク・ジニ、コンミョン(5urprise)
演出:イ・ウンジン、チェ・ユンソク / 脚本:イム・ソラ

「あなたが憎い!ジュリエット(原題)」
放送日時:4月30日(火)放送スタート
毎週(火) 午後9:45~11:00ほか(週1話進行)
※第1話再放送:5月12日(日)午後0:15~1:30

出演:イ・ホンギ(FTISLAND)、チョン・ヘソン、チェ・ウン、イ・イルファ、パク・ヒョンスク
演出:キム・ジョングォン / 脚本:イ・ジョンピル

「親愛なる判事様(原題)」
放送日時:6月21日(金)放送スタート
毎週(金) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
※5月29日(水) 午後2:45~4:00 第1話先行放送

出演:ユン・シユン、イ・ユヨン、パク・ビョンウン、クォン・ナラ
演出:プ・ソンチョル / 脚本:チョン・ソンイル

「ヘチ(原題)」
放送日時:6月19日(水)放送スタート
毎週(水) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:チョン・イル、クォン・ユル、Ara(コ・アラ)、パク・フン、イ・ギョンヨン、チョン・ムンソン
演出:イ・ヨンソク / 脚本:キム・イヨン

「バベル(原題)」
放送日時:7月放送スタート

出演:パク・シフ、チャン・ヒジン、キム・ジフン、キム・ヘスク、チャン・シニョン、ソン・ジェヒ、イム・ジョンウン
演出:ユン・ソンシク / 脚本:クォン・スンウォン、パク・サンウク

衛星劇場ホームページ:http://www.eigeki.com/special/hanryu_drama_sengen

記者 : Kstyle編集部