TWICE、新曲「FANCY」音源チャートで3日間1位をキープ!“止まらない人気”

Newsen |

写真=JYPエンターテインメント
TWICEの7thミニアルバムのタイトル曲「FANCY」が韓国国内外の音楽ランキングで1位をキープし、人気を博している。

4月22日午後6時、各音楽配信サイトを通じて発売した新しいミニアルバム「FANCY YOU」のタイトル曲「FANCY」は同日午後8時、韓国最大の音楽配信サイトMelOnをはじめ、リアルタイム音楽ランキングで1位を獲得し、本日(24日)午前8時にはMnet、NAVER MUSIC、Soribada、Bugs、Monkey 3など、5つのリアルタイムランキングで1位を獲得した。

一緒に公開した「FANCY」のミュージックビデオは公開から24時間の23日午後6時2分頃、YouTube再生回数4000万回を突破し、TWICEのミュージックビデオのうち、24時間基準の最多再生回数を更新した。

デビュー曲「OOH-AHHに(優雅に)」から前作「YES or YES」など、全10曲が再生回数1億回を突破したTWICEは、新曲「FANCY」のミュージックビデオで“11作連続1億回突破”の可能性を高めた。

“アジアトップガールズグループ”の人気は海外でも証明された。ニューアルバム「FANCY YOU」は23日午前、シンガポール、タイ、ギリシャ、ドイツ、ブラジル、メキシコなど海外25地域のiTunesアルバムチャートで1位を獲得し、タイトル曲「FANCY」は香港、ベトナムなど海外8つの地域のiTunesソングチャートで1位になった。

「FANCY」は、トレンディな感性と優雅なフルート・サウンドの調和が引き立つメロウムードのポップダンス曲で、TWICEは大胆かつカリスマ性あふれるパフォーマンスで新しいコンセプトを披露し、ファンを魅了した。

特にデビュー曲「OOH-AHHに(優雅に)」から、「CHEER UP」「TT」「LIKEY」など、TWICEの代表ヒット曲を誕生させた作曲家のブラック・アイド・ピルスンとチョングンが作詞・作曲を担当し、話題になった。

記者 : イ・ミンジ