BLACKPINK、米ビルボード「HOT 100」&「ビルボード200」に2週連続同時ランクイン…グローバルな人気を証明

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT
BLACKPINKがビルボードメインチャートに2週連続で名を連ね、グローバルな人気を証明した。

23日(現地時間)に発表された米・ビルボードによると、BLACKPINKの新EPアルバム「Kill This Love」のタイトル曲「Kill This Love」は、メインシングルチャートである「HOT 100」で73位、同名のEPアルバムは「ビルボード200」で93位を記録した。

「Kill This Love」は先週ビルボード「HOT 100」と「ビルボード200」でそれぞれ41位と24位を記録し、K-POPガールズグループとしては最高の成績を収めた。

BLACKPINKは新曲でカムバックし、2週連続で米ビルボードのメインチャートに名を連ね、世界最大の音楽市場であるアメリカで熱い存在感を見せている。ガールズグループとしては初めての2週連続「HOT 100」と「ビルボード200」同時チャートインは、K-POPがアメリカのメインポップ市場で継続的な成功の可能性を示唆している。

ビルボードと共に2大ポップチャートとされるUKオフィシャルチャート「シングルチャートトップ100」にも先週は33位でランクイン、今週は48位にランクインし、2週連続チャートインをキープした。

2週連続でビルボードメインチャートにランクインした「Kill This Love」は、強烈なブラスのリードで壮大なドラムサウンドがメインテーマとなる曲で、BLACKPINKのカリスマ性あふれるラップとボーカルが印象的だ。

BLACKPINKは「Kill This Love」のリリース後、アメリカ最大の音楽フェスティバル「コーチェラヴァレー・ミュージック&アートフェスティバル」のステージに上がり、スポットライトを浴びた。また、CBSの有名深夜トークショーである「The Late Show with Stephen Colbert(レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン)」、有名ラジオ番組である102.7 KIIS FM「JoJo On The Radio」などに出演し、アメリカの視聴者に出会い、名前を知らせている。

最近、ロサンゼルスで北米ツアーの初公演を終えたBLACKPINKは、本日(24日)シカゴに向かう。また27日にハミルトン、5月1日~2日にニューアーク、5月5日にアトランタ、5月8日~9日にフォートワースにつながる6都市で8回に渡る規模の北米ツアーを開催する。

記者 : ソン・ミギョン