パク・ソジュン&アン・ソンギ&ウ・ドファン主演映画「使者」緊張感あふれる予告映像を公開

Newsen |

写真=映画の予告編キャプチャー

パク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファン主演の映画「使者」がベールを脱いだ。

「使者」(監督:キム・ジュファン)は格闘技チャンピオンのヨンフ(パク・ソジュン)が、エクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会い、世の中を混沌とさせる強力な悪に立ち向かうストーリーを描いた映画だ。

「青年警察」のキム・ジュファン監督とパク・ソジュンが意気投合し、そしてアン・ソンギ、ウ・ドファンなど韓国を代表する国民的な俳優と若手俳優の組み合わせで期待を集めている映画「使者」が、緊迫した展開で注目を集める予告編を公開した。

予告編は「家の南側に十字架があるんだって。そこに行けばお前を助けてくれる人がいる」という声と共に、手の傷に絡んだ秘密を解くため動き出すヨンフ(パク・ソジュン)の姿が登場し、注目を集める。それから全力を尽くして立ち向かうエクソシストのアン神父(アン・ソンギ)と予期せぬ事件に遭遇するヨンフ、そして意味深長な微笑みを浮かべる謎の人物ジシン(ウ・ドファン)まで、3人の人物の強烈な姿が登場し、果たして彼らがどんなストーリーを描いていくのか、好奇心を刺激する。

そして「世界の悪に立ち向かう神の使者がやってくる」というキャッチコピーと共に一気に相手を制圧するヨンフの姿がスピーディーに展開され、見たことのない新しいスタイルのアクションと見所を予告する。最後に「お前、そこから出ろ」というヨンフのカリスマ性溢れる姿で最後まで目が離せない予告編は、観ているだけで手に汗握る緊張感を与える。

特に今回公開された映像はパク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファンまで世代を越えた俳優たちの強烈なケミ(相性)を予告し、注目を集める。世界の悪に立ち向かう格闘技チャンピオンに扮し、イメージチェンジとアクション演技を予告するヨンフ役のパク・ソジュン、抜群の存在感で圧倒的な存在感を発揮するエクソシストのアン神父役アン・ソンギ、ミステリアスな魅力で視線を奪うジシン役のウ・ドファンまで、3人の俳優が発揮する相乗効果がより一層期待を高める。

「使者」は、韓国で7月に公開される。

記者 : ペ・ヒョジュ