OH MY GIRL、5月8日にフルアルバムでカムバック!ファンミーティングでの電撃発表にファン歓喜

MYDAILY |

写真=WMエンターテイメント
OH MY GIRLが1stフルアルバムでカムバックする。

OH MY GIRLは20日、ソウル光云(クァンウン)大学校・東海文化芸術会館大講堂にて開かれた「2019 OH MY GIRL ファンミーティング~今日もミラクル~」で、カムバックの日程をサプライズ発表した。

この日のファンミーティングが終了すると、画面にはこの日のハイライトである「ミラクル予告(代わりにお届けします)」が公開された。メンバーたちのキュートな挨拶が終わると「5月8日、OH MY GIRLの初めてのフルアルバム公開」というフレーズがスクリーンに映し出され、ファンからの熱い歓声を呼び、カムバックについて初めて知らせた。

これに対して所属事務所のWMエンターテイメントは「OH MY GIRLが、5月8日にフルアルバムでのカムバックを確定した。デビュー後初めて発売するフルアルバムであるだけに、心血を注いで準備している。多くの期待をお願いする」と伝えた。

OH MY GIRL初めての韓国国内ファンミーティング「今日もミラクル」は、学校をコンセプトに構成され、メンバー全員が制服を着て、春にふさわしい爽やかながらも愛らしいステージを披露した。

この日、OH MY GIRLは「I Can See Your Lies」「KNOCK KNOCK」「Perfect day」「WINDY DAY」などのヒット曲を相次いで歌い、雰囲気をより一層高めた。OH MY GIRLの透明感のある歌声とともに、キュートな振付がファンの視線を引き付け、OH MY GIRLならではの少女らしい魅力がたっぷり感じられた。また、8日に発売したユ・ジェファンとのコラボ曲「愛、速度」をファンミーティングで初公開した。

OH MY GIRLは多彩なトークタイムを用意し、ファンとさらに近づく時間を作った。「私を当てて」のコーナーでは、メンバーひとりひとりが子どもの頃の思い出をファンと分かち合い、特別な時間を持った。「特技売り場」では、OH MY GIRLの隠された特技と魅力が際立つ瞬間だった。他にもOH MY GIRLは、学校のコンセプトであるだけに“ミニドラマ”も用意し、OH MY GIRLの才覚あふれる才能と演技力をアピールした。

特にこの日、OH MY GIRLはユニットステージも披露し、ファンからの熱い賛辞を受けた。ミミとジホは、10CMの「What The Spring??」を披露し、感性的なジホのボーカルとミミのラップが調和して、春にふさわしい爽やかなステージとなった。ヒョジョンとスンヒはイン・スニの「父さん」を熱唱して、優れた歌唱力と心に強く響く没頭感でステージを圧倒した。ビニとアリンは、Apinkの「NO NO NO」とT-ARAの「Roly Poly」をリミックスしたステージを披露し、清純かつハツラツとした魅力をアピールした。

ユニットステージが終わり、OH MY GIRLがステージに上がると、校内のど自慢大会のように飾られたステージでは、最後にメンバーのユアがテイラー・スウィフトの「22」を熱唱して、コンサート会場を彷彿とさせるカリスマ性でステージを盛り上げた。

OH MY GIRLの1stフルアルバムは、5月8日に各種音源配信サイトを通じて公開される。

記者 : ミョン・ヒスク