ソンフン&チョ・ハンソン主演映画「ヒョンジェ~釜山港の兄弟~」7月26日より日本公開決定…ポスタービジュアル解禁

KSTYLE |

(C)️2018 CION Pictures All rights reserved
20代~40代の女性たちから圧倒的な支持を得たラブコメディ「高潔な君」、Drama Feverで海外120ヶ国で放送され「Weekly Top 10」第1位を獲得した大ヒットロマンティックコメディ「じれったいロマンス」のツンデレ王子、ソンフンがスクリーンデビューにして映画初主演!

原題「Brothers in heaven」が「ヒョンジェ~釜山港の兄弟~」の邦題で7月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他全国順次ロードショーされることが決定した。

本作は二卵性双生児として生まれながら、刑事とマフィアとして再会した兄弟の哀しい秘密と運命を描いたアクションサスペンス。二卵性双子として生まれた兄のテジュ(チョ・ハンソン)と弟のテソン(ソンフン)は事故で両親を亡くし、施設で育つ。優等生のテジュと不良となったテソン。そんな中、テソンは施設の園長の娘・チャンミに心を寄せるように。しかし、チャンミが不幸な事件に襲われ、3人は悪夢のような記憶を抱えたまま、それぞれの道へ。そして20年後、テジュはソウルの江南警察署の警官に、テソンは地元・釜山(プサン)最大のマフィア組織「マリカーン」の後継者として、それぞれの人生を歩んでいた。釜山で起きた遺物密輸の事件を捜査していたテジュは釜山に戻り、テソンやチャンミと再会。テソンは組織の後継者の座と施設の移転問題で、組織と衝突する中、テソンのライバルであるサンドゥ(コン・ジョンファン)が邪魔なテソンとテジュを消そうと、チャンミを人質に取る。サンドゥはそこで、テソンが秘密にしていた兄弟の絆を切り裂いたチャンミの不幸な事件の真相を暴露するのだった……。

俳優ソンフンが挑む愛と裏切りの物語。ソンフンはこの作品がスクリーンデビュー作。今まで見せたロマンチックでソフトなイメージとは180度異なる、マフィア組織に身を落としたテソン役を荒っぽくて強烈な演技で熱演した。また兄の刑事役・テジュ役には「これが人生!ケ・セラ・セラ」「3度結婚する女」などの韓国実力派俳優チョ・ハンソンが演じる。

併せて解禁となったポスタービジュアルは「行きつく先は天国か、地獄か」というキャッチが大きく掲げられ、物語の中心となる兄弟の辿る壮絶な運命を予感させるビジュアルとなっている。本作は釜山オールロケを敢行。二卵性双生児として生まれながら、刑事とマフィアとして再会した兄弟の哀しい秘密と運命。避けることができない兄弟の運命と壮絶なクライマックスから目が離せない。

■公開情報
「ヒョンジェ~釜山港の兄弟~」
2019年7月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー

監督:パク・ヒジュン
キャスト:ソンフン(「じれったいロマンス」「高潔な君」「アイドルマスター.KR」)、チョ・ハンソン(「これが人生!ケ・セラ・セラ」「3度結婚する女」)、ユン・ソイ、パク・チョルミン、コン・ジョンファン、ソン・ビョンホ、イ・イクジュン、シン・セフィ

2017年/韓国/114分/カラー/原題:Brothers in heaven/配給:ブロードウェイ
(C)️2018 CION Pictures All rights reserved

<ストーリー>
事故で両親を亡くした二卵性双生児の兄弟、テジュとテソンは施設で育つ。不良となったテソンは施設の園長の娘・チャンミニ心を寄せるが、ある日、チャンミが不幸な事件に襲われ、3人はそれぞれの道へ。それから20年後、兄のテジュは刑事、弟のテソンは釜山最大のマフィア組織「マリカーン」の後継者として人生を歩んでいた。そんな中、テジュとテソンが再会。組織の後継者争いと施設の移転問題で組織と衝突したテソンは、ライバルのサンドゥにチャンミを人質に取られてしまう。

記者 : Kstyle編集部