JYJ ユチョン、MBCの報道をめぐり…弁護士が再び反論「防犯カメラと注射痕は明らかに虚偽内容」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
JYJのユチョンの法律代理人が、MBC「ニュースデスク」の報道に反論した。

ユチョンの法律代理人である法務法人インの弁護士は18日午後、公式報道資料を通じて「調査中の状況について、繰り返し特定のメディア報道が出てくるのは残念に思う」と話を切り出した。

続いて「『ニュースデスク』の報道内容に問題がある点は、第一に防犯カメラの映像が3月に駅三洞(ヨクサムドン)の静かな雑居ビルの内部で薬物と推定されているものを持って行く映像が撮られたと報道したが、これは今まで警察が捜査の過程で、たったの一度も質問していない内容である」とし、「調査の過程で質問さえしていない内容を警察が集中的に追及したと報じたこと自体が、明らかに虚偽の報道だ」と強く否定した。

また、「ユチョンさんの手の甲に注射痕があると報じたが、これは数ヶ月前に負傷した手で、手の甲だけでなく小指にも同じく怪我をした傷がある」とし、「また、この手の甲は警察が調査の過程で確認した部分で、防犯カメラの映像に映っていたのか確認しなかった部分で、報道の経緯にかなりの問題がある」と強調した。

また「ユチョンさんの法律代理人として、MBCの虚偽事実の報道には、訂正報道を要求する予定であることを明らかにしておく」と付け加えた。

先立ってこの日放送されたMBC「ニュースデスク」は、警察が確保した防犯カメラの映像にユチョンが薬物と推定されるものを持って行く姿が撮影されたとし、該当の映像でユチョンの手の甲に注射器の痕やあざが発見されたと報道した。

【ユチョンの法律代理人クォン・チャンボム弁護士 コメント全文】

ユチョンさんの法律代理人の法務法人インのクォン・チャンボム弁護士です。

本日のMBC「ニュースデスク」の報道に対する立場です。まず調査中の状況について、繰り返し特定のメディア報道が出てくることに対し、残念に思っています。

また、「ニュースデスク」の報道内容に問題がある点は、第一に、防犯カメラに3月に駅三洞(ヨクサムドン)の静かな雑居ビルの内部で薬物と推定されているものを持って行く映像が撮られたと報道しましたが、これは今まで警察が捜査の過程で、一度も質問していない内容です。調査の過程で質問さえしていない内容を警察が集中的に追及したと報じたこと自体が、明らか虚偽の報道です。

第ニに、ユチョンさんの手の甲に注射痕があると報じましたが、これは数ヶ月前に負傷した手で、手の甲だけでなく小指にも同じく怪我した傷があります。しかもこの手の甲は、警察が調査の過程で確認した部分で、防犯カメラの映像に映っていたのか確認しなかった部分で、報道の経緯にかなりの問題があります。

これに対しユチョンさんの法律代理人として、MBCの虚偽事実の報道に対して、訂正報道を要求する予定であることを明らかにします。

記者 : イ・イェウン