防弾少年団、本日放送の「M COUNTDOWN」でタイトル曲「Boy with Luv」を含めた3曲を披露

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
全世界の音楽ファンを魅了している防弾少年団の韓国国内初のカムバックステージが本日(18日)木曜日午後6時、Mnet「M COUNTDOWN」で公開される。

12日、ミニアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」を発売し、米ビルボード200チャートで3度目の1位、UKオフィシャルアルバムチャート1位、日本のオリコンデジタルアルバムランキング1位など、韓国を越えて世界の音楽チャート1位を席巻した防弾少年団が、韓国ファンのための初ステージとして「M COUNTDOWN」への出演を決定した。

防弾少年団は、今回のアルバムのタイトル曲であり、YouTube史上最短期間でミュージックビデオの再生回数が1億回突破という記録を打ち立てた「Boy with Luv」をはじめ、防弾少年団流のオールドスクールヒップホップ曲「Dionysus」、世界的なシンガーソングライターであるエド・シーランが参加して話題を集め、おぼろげながらも洗練された情緒が深い曲「Make It Right」まで、全3曲のステージを準備している。

3年ぶりにカムバックするStephanieの新曲「Man On The Dance Floor」の初ステージも予定されている。新曲を通じて作詞・作曲はもちろん、振付まですべての部分を指揮したStephanieのパフォーマンスを鑑賞することができる。

今週は「スタジオM」でも特別なステージを見ることができる。Stray Kidsのバンチャン、ハン、チャンビンで構成されたプロデュースチーム3RACHAが手がけた曲「ZONE」のステージを番組で初公開し、ナ・ユングォンはヒット曲「僕だったら」と新曲「泣かせたい」のステージを初めて披露する。甘い音色のシンガーソングライターCar the gardenは「スタジオM」を通じて新曲「木」のステージを独占公開する。ビンテージな音色と美しいメロディーライン、豊富なサウンドが引き立つ曲で、視聴者に特別な楽しさを与える予定だ。

そのほかにもIZ*ONE、PENTAGON、JBJ95、MOMOLAND、BVNDIT、1TEAM、RAINZ出身キム・ソンリ、EVERGLOW、DIAらが出演する。

記者 : キム・ウネ