チャン・グンソク、Zepp Fukuokaを皮切りに全国フィルムコンサートツアーがスタート!

KSTYLE |

(C)FRAU INTERNATIONAL
俳優・歌手などマルチな才能で活躍するアジアのプリンス、チャン・グンソクのフィルムコンサートツアー「JANG KEUN SUK FILM CONCERT TOUR ~My Sweet Home~」が4月5日(金)のZepp Fukuoka、4月6日(土)かごしま県民交流センターの九州地区を皮切りにスタートした。

現在は社会服務要員として公益勤務中のチャン・グンソク。今回のフィルムコンサートは、入隊前最後となった日本公演から時が遡り、2010年の日本初ツアーである「Where is your star?」からこれまでチャン・グンソクとうなぎ達(ファンの愛称)が共に歩んできた8年間の軌跡を当時のライブ映像で振り返ることができる貴重な内容となっている。

(C)FRAU INTERNATIONAL
また音響や生の照明による臨場感に加えて、キャノンテープやカラーボールなどのサプライズ演出であたかもそこにチャン・グンソク本人がいるかのような気分になれる工夫も。

チャン・グンソク人気の火付け役となったドラマ「美男ですね」の名曲「相変わらず」や日本デビュー曲である「Let me cry」、ファンに絶大な人気を誇る「空と君と」など全22曲(アンコール含)が当時の映像と共に楽しめる内容で、チャン・グンソクを思い切り堪能できる公演となっている。

(C)FRAU INTERNATIONAL
さらに日本公式ファンクラブによるSNS連動企画も実施されている。#JKS_filmconcert #JKS_FILCON #親分も一緒 のハッシュタグを利用し、Twitterではフィルムコンサート開催地のおススメスポットやお土産などが多くのファンから紹介されるなど日本全国のおススメを知ることができる企画となっており、盛り上がりをみせている。

このフィルムコンサートはこの後4月13日(土)のZepp Sapporoへと続き、6月30日(日)の島根公演まで全国19ヶ所での開催が決定している。ファンの方はもちろん、そうでない方もこの機会にチャン・グンソクの魅力を是非感じてもらいたい。

(C)FRAU INTERNATIONAL
(C)FRAU INTERNATIONAL

■公演情報
「JANG KEUN SUK FILM CONCERT TOUR ~My Sweet Home~」
4月5日(金)福岡 Zepp Fukuoka(終了)
4月6日(土)鹿児島 かごしま県民交流センター(終了)
4月13日(土)北海道 Zepp Sapporo
4月20日(土)長野 ホクト文化ホール 小ホール※昼公演 SOLD OUT
4月21日(日)石川 金沢 21 世紀美術館 シアター21※昼夜公演 SOLD OUT
5月11日(土)岩手 盛岡劇場 メインホール
5月12日(日)宮城 仙台 PIT
5月16日(木)東京 Zepp Tokyo※昼夜公演 SOLD OUT
5月18日(土)栃木 栃木文化会館 小ホール※SOLD OUT
5月24日(金)広島 JMS アステールプラザ 中ホール
5月25日(土)山口 下関市民会館 中ホール
5月28日(火)愛知 Zepp Nagoya※SOLD OUT
6月1日(土)愛媛 W Studio RED
6月8日(土)新潟 長岡リリックホール シアター
6月15日(土)神奈川 yokohama LANDMARK HALL
6月16日(日)静岡 SOUND SHOWER ark
6月21日(金)大阪 Zepp Namba
6月28日(金)岡山 おかやま未来ホール
6月30日(日)島根 ビッグハート出雲 白のホール

<料金>
全席指定:4,800円(税込/ピンバッジ付き)
※会場により別途ドリンク代が必要な場合がございます。
特設サイト:https://www.jang-keunsuk.jp/2019_event/film/

<チケット販売情報>
○4月公演チケット一般発売
ローソンチケット/チケットぴあにて発売中

○5月公演チケットプレイガイド先行予約受付
・ローソンチケット:受付中~4月14日(日)23:59
・チケットぴあ:受付中~4月11(木)23:59

○6月公演チケットFC2次抽選先行予約受付
・抽選申込期間:受付中~4/9(火)23:59
・枚数制限:1会員様各公演ごとに1申込4枚まで※同伴者は非会員OK
・お申し込み対象:4/2(火)までにファンクラブに登録頂いた方(決済終了で正会員の方)

※各チケットのお申し込みは特設サイトからご確認ください。

■関連サイト
チャン・グンソクジャパンオフィシャルサイト:https://www.jang-keunsuk.jp/

記者 : Kstyle編集部