SHIHO、キム・ウビン、PSY、T-ARA ヒョミンら…山火事による被災地へ寄付「少しでも役に立てば」

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
モデルのSHIHOが火災に見舞われた江原道(カンウォンド)に温かな心を伝えた。

6日、SHIHOの韓国所属事務所BONBOO ENTはTVレポートに「SHIHOが4日に発生した江原道山火事被害地域の被災者のために使って欲しいと、全国災害救護協会に3000万ウォン(約300万円)を寄付した」とし、「SHIHOは山火事のニュースを聞いて、心を痛めていた」と知らせた。

現在、SHIHOはMBC「マイ・リトル・テレビジョンV2」撮影のために、韓国に滞在している。

モデルとして活躍しているSHIHOは、総合格闘家の秋山成勲(韓国名:チュ・ソンフン)の妻で、サランちゃんの母親としても韓国で良く知られている。

他にも、多くの芸能人が被災地への寄付を行っている。

歌手PSY(サイ)は「被害を受けた住民のために使用してほしい」と「希望ブリッジ全国災害救護協会」に1億ウォン(約1000万円)を寄付した。Brown Eyed Girlsのナルシャは「少しでも足しになれば」と「大韓赤十字社」に1000万ウォン(約100万円)を寄付した内容を自身のInstagramで報告。俳優キム・ウビンも「山火事で被害を受けた被災者のために使ってほしい」と1000万ウォン(約100万円)を寄付した。

写真=ヒョミン Instagram
さらに、T-ARAのヒョミンは自身のInstagramを通じて、江原道の被災地域にミネラルウォーター、ラーメン、包装米飯、ウェットティッシュなど、現地の被害住民がすぐに使用できる救援物資を送ったことを知らせた。これとともに、多くの人々の協力も呼びかけた。

Nine Muses出身のギョンリも自身のInstagramを通じて「みんなで参加しましょう」と「希望ブリッジ全国災害救護協会」の募金口座を共有し、多くの人々の協力を促した。

記者 : チョ・ヘリョン