コン・ユ&パク・ボゴム&チョ・ウジン、映画「徐福」で共演決定…超豪華なキャスティングが完成

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
映画「徐福」がコン・ユ、パク・ボゴムに続き、チョ・ウジンまでキャスティングを決定して、5月に撮影に突入する。

コン・ユ、パク・ボゴム、チョ・ウジンが、映画「建築学概論」のイ・ヨンジュ監督の次期作「徐福」(仮題)で共演する。「徐福」は、人類初のクローン人間“徐福”を守る最後の任務を引き受けることにした前職国家情報院のエージェントのキホンが、徐福を手に入れるために乗り出すいくつかの勢力の追跡の中で、一緒に同行して予期せぬ状況に巻き込まれるストーリーを描いた作品である。

2016年だけで、ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」、映画「男と女」「新感染 ファイナル・エクスプレス」「密偵」で数多くのシンドロームを巻き起こした俳優コン・ユが、人生で最後かもしれない任務を遂行することにした前職国家情報院のエージェント・キホン役を演じ、繊細な感情と強烈なアクションを同時に披露する予定だ。

密かに開発された人類初のクローン人間の徐福役は、最近ドラマ「ボーイフレンド」で大きな人気を得たパク・ボゴムが映画「コインロッカーの女」以来、約4年ぶりのスクリーン復帰作に選択し、コン・ユとの初めての演技呼吸への期待を高める。

ここに忠武路(チュンムロ、韓国映画界の代名詞)を代表する演技派俳優チョ・ウジンまで出撃し、どの作品でも見ることができない超豪華キャスティングが完成した。チョ・ウジンは密かに開発されたクローン人間・徐福の存在を隠そうとする韓国情報局のエージェントのアン部長役を演じ、コン・ユ(ギホン)、パク・ボゴム(徐福)と対立関係を形成して、劇的な緊張感をプレゼントする予定だ。

「徐福」は、韓国で5月にクランクイン予定だ。

記者 : シン・ソウォン