2PM テギョン、模範兵士として感謝牌を授与…“健康的な兵役文化を定着させた”

TVREPORT |

写真=51K
2PMのテギョンが模範兵士に選ばれた。

テギョンは本日(2日)、空軍会館で行われた模範兵士 感謝牌伝達式に出席した。テギョンは兵営活動を通して、周りの人の鑑になったのはもちろん、模範的な生活を実践したことが認められた。

“模範兵士”の表彰を受けたテギョンは志願入隊後、部隊で積極的に取り組むなど、率先垂範した軍生活で、健康的な兵役文化を定着させたという。2018年10月1日、健軍70周年「国軍の日」の記念行事である「国軍の未来先頭遂行体系」試演では、ウォーリアー・プラットフォーム(改善された戦闘装具類が含まれた個人戦闘基盤体制)を着用して登場したりもした。

アメリカ永住権保持者で入隊の対象ではなかったテギョンは、椎間板ヘルニアで代替服務判定を受けたが、白馬(ペンマ)新兵教育大隊の調教として活動した。

テギョンは「多くの国軍の皆さんの代わりこの賞を頂くことになり、とても栄光に思い、感謝しています。軍生活を通して、たくさんのことを学ぶことが出来ました。残り少ない除隊日まで、誠実に軍生活に取り組み、さらに良い姿を見せられるように努力します」と伝えた。

テギョンは5月16日に除隊する予定だ。

記者 : キム・イェナ