元A-PRINCE チャヒョク&ZE:A テホンの新ユニットC×T、初の日本公演が大盛況裏に終了

KSTYLE |

元A-PRINCE チャヒョクとZE:A テホンの2人がユニット「CxT」となって2月より開催してきた「C×T 2019 JAPAN LIVE『THE NEW BEGINNING』」。ユニット初来日にして約1ヶ月の長期単独公演の最終公演が3月29日に大盛況裏に終了した。

公演は、ポップで楽しいダンスナンバーからスタートした。自己紹介の時間になると、「この1ヶ月間は本当にみなさんに助けていただきました。一生忘れることのない1ヶ月間になりました」と2人は揃ってファンに感謝を伝えた。

ソロパートでは韓国語、日本語のバラードを中心として、心の底からファンらへ自分の気持ちを伝えるようとするステージに会場に涙ぐむファンの姿も見られた。

そして公演途中のトークでも、テホンは「みなさんが辛いときに支えになるような存在でありたい。僕が辛い時はみなさんの笑顔が支えてくれたから」と伝え、そしてチャヒョクは「僕はみなさんの猫になって、いつでも癒しを差し上げたいです。」と笑顔でそれぞれの言葉で感謝の気持ちを述べた。

後半からは雰囲気を一転し、コミカルな雰囲気で恋愛に関するトークや、プライベートでも仲の良い二人の様子を暴露して会場を沸かせ、再びポップでラブリーな曲を立て続けに披露し笑顔と黄色い悲鳴でファンらを笑顔にした。どんどん熱くなる会場は気づけば総立ちとなり全員が手を挙げ、一丸となって楽しい時間を過ごした。

「アイドル活動をしていた当時はしゃべる内容を準備してきましたが、そうすると面白くないので、今はタイトルだけを決めて自由に話して素顔の自分をみせるようにしています」と語ったテホン。「インパクトがある曲や、ダンス曲も準備しなきゃいけないですね」と今後への意気込みも語った。

今後もソロ活動もしながら、2人はCxTとしての活動も続けていく。これからの2人にも注目だ。

記者 : Kstyle編集部