「真心が届く」イ・ドンウク、放送終了の感想を明かす“愛していただきありがとうございます”

TVREPORT |

写真=キンコン by Starship
俳優イ・ドンウクが「真心が届く」の放送終了に対する感想を伝えた。

tvN水木ドラマ「真心が届く」のクォン・ジョンロク役で視聴者をときめかせたイ・ドンウクが所属事務所のキンコン by Starshipを通じて放送終了の感想を伝えた。

29日、イ・ドンウクは「視聴者の皆さん、そしてファンの皆さん、『真心が届く』の撮影がすべて終わりました。観ていただき、そして愛していただきありがとうございます」とドラマを愛してくれた視聴者に感謝の気持ちを表現した。

続いて彼は「いつも終わった後には、物足りなかったところがたくさん浮かびます。『もう少し上手だったら良かったのに』『もう少し熱心にすれば良かったのに』と後悔したりします」と話した。また彼は相手役ユ・インナへの挨拶も欠かせなかった。「2年ぶりにユ・インナさんと共演できて嬉しかったし、楽しかったです。ぜひありがとうと伝えたいです」と明かした。

また「監督と脚本家さんをはじめ、すべての俳優とスタッフが元気に撮影を終えてとてもよかったと思います。ありがとうございます。視聴者の皆さんも季節の変わり目なので体に気をつけてください。『真心が届く』を長く覚えていてほしいです。クォン・ジョンロクでした」と最後の挨拶を伝えた。

イ・ドンウクは作中で完璧主義の弁護士クォン・ジョンロク役を務め、視聴者を虜にした。彼は仕事においては完璧だが、恋愛に対しては奥手なキャラクターを自然に描いた。また、初めて恋愛をする初々しさとときめきをリアルに表現し、視聴者を胸きゅんさせた。特に彼はユ・インナとの完璧な相性でたくさん愛された。

イ・ドンウクはMnet「PRODUCE X 101」で国民プロデューサーの代表を務める。

記者 : シン・ナラ