FTISLAND イ・ホンギ主演作&キム・ヒョンジュンのバラエティ番組から、社会現象にもなった「SKYキャッスル」まで!4月の衛星劇場は話題作が続々登場

KSTYLE | |PR

「あなたが憎い!ジュリエット(原題)」
(C)2018 SK Broadband. All rights reserved.
CS放送局「衛星劇場」では、4月から続々と話題の日本初放送の韓国ドラマがスタートする。FTISLANDのイ・ホンギ主演のキャンパスラブストーリー「あなたが憎い!ジュリエット(原題)」、カン・ジファンの7年ぶりのラブコメディ「死んでもいい(原題)」、異色の刑事ドラマ「悪い刑事(原題)」、そして韓国で社会現象にもなった超話題作「SKYキャッスル(原題)」も第1話を先行放送。さらにキム・ヒョンジュンの密着バラエティ「生(なま)ヒョンジュン」がスタートするなど、バラエティに富んだラインナップが続々登場。

まず3月30日(土)の夜11時から第1話のみ先にお見せするのが、「あなたが憎い!ジュリエット」と「死んでもいい」の2作品。「あなたが憎い!ジュリエット」はFTISLANDのボーカルであり、これまで「美男<イケメン>ですね」や「花遊記<ファユギ>」などで、俳優としての顔も見せてきたイ・ホンギ主演最新作。主人公は、芸術大学に入学した子役出身の芸能人チャ・ユルと、同じく芸術大学に入学した平凡女ク・ナラ。ひょんなことから一緒に事故に遭ってしまった二人だったが、目覚めるとなぜかユルはナラの心の声が聞こえてきてしまう……というファンタジーラブストーリーだ。イ・ホンギが主人公をユルを演じ、ナラを「雲が描いた月明り」のチョン・ヘソンが好演。爽やかで初々しい青春キャンパスストーリーが展開される。本作は3月30日(土)夜11時に第1話が先行放送され、4月30日(火)から本放送がスタートする。

「死んでもいい(原題)」
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2018 KBS. All rights reserved
同じく3月30日(土)に第1話が先行放送されるのが、カン・ジファン主演の「死んでもいい」だ。韓国で大ヒットした同名ウェブ漫画をドラマ化した作品で、近年は「パンドラ 小さな神の子どもたち」など硬派なドラマへの出演が続いていたカン・ジファンが、久しぶりにハジけたコメディ演技を披露し話題を集めた。カン・ジファンが演じるのは、性格最悪のイジワル上司、ペク・ジンサン。彼の下で働く“平凡女”イ・ルダが、なぜかジンサンと共に、同じ一日が毎日繰り返される無限ループにハマってしまう。ルダが“新しい明日”に脱出するために、上司のジンサンに立ち向かい、そして真実の愛を手に入れていく姿が描かれる。見どころは何と言ってもカン・ジファンのハジけっぷり。「私に嘘をついてみて」から7年ぶりとなるラブコメディで新境地を切り拓いている。そして、ルダに想いを寄せる直球男子ジュノを5urpriseのコンミョンが演じるのも注目だ。本放送は4月26日(金)からスタートする。

「悪い刑事(原題)」
(C)2018-19MBC
硬派な作品がお好みのドラマファンにオススメなのが、異色の刑事ドラマ「悪い刑事」。英国BBCのドラマ「刑事ジョン・ルーサー」の韓国リメイク版だ。パク・チャヌク監督作品をはじめ、数々の映画で名演技を見せてきたシン・ハギュンと、大型新人のイ・ソルがタッグを組んだ作品で、正義を守るため悪に染まった刑事と天才サイコパスの異色コンビの活躍が描かれる。二人の名演技が評価され、2018年MBC演技大賞にてシン・ハギュンは最優秀演技賞を、イ・ソルは新人賞を受賞した。また元B1A4のバロこと、チャ・ソヌが悪い刑事の右腕の優しい正義の刑事役で出演しているのも注目だ。4月24日(水)から日本初放送される。

「SKYキャッスル(原題)」
(C) Jcontentree corp & JTBC Content Hub Co., Ltd. all rights reserved.
そして、昨年末から今年の2月にかけて韓国で社会現象を巻き起こした「SKYキャッスル」が、いよいよ4月19日(金)に第1話が先行放送される。本作は、狂気とも言えるほどの教育熱を見せる韓国社会のリアルな世相をアイロニカルに映し出し、視聴者から圧倒的な指示を獲得。非地上波チャンネルの視聴率としては、「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」を超えて歴代最高記録を更新した。ドラマの放送後も、K-POPアイドルたちが劇中のシーンを真似したり、出演者たちが各放送局のバラエティ番組に引っ張りだこになるなど、その勢いはいまだに衰えていない。また衛星劇場では、4月5日(金)に韓国文化院ハンマダンホールにて「SKYキャッスル」の第1話ペア試写会を開催し、250名様をご招待する(応募締切3月28日正午)。一足先に大画面スクリーンでドラマを鑑賞するチャンスをお見逃しなく。

「君も人間か(原題)」
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2018 KBS. All rights reserved

「空から降る一億の星」
(C)STUDIO DRAGON CORPORATION/FUJI TELEVISION
4月3日(水)からは、ソ・ガンジュンが人間とロボットの一人二役に挑んだ「君も人間か?(原題)」が、4月29日(月)からはソ・イングク主演最新作「空から降る一億の星」がアンコール一挙放送される。

「上流社会」
(C)SBS
また4月の「注目スターのブレイク作品」は「花郎<ファラン>」や「SUIT/スーツ~運命の選択~」で知られるパク・ヒョンシクの出世作「上流社会」を4月9日(火)から一挙放送。大ブレイク前のパク・ヒョンシクの姿は要チェックだ。

密着バラエティ「生(なま)ヒョンジュン」
(C)HENECIA CO.,LTD.
衛星劇場ではドラマだけでなく、バラエティ番組や音楽番組も盛りだくさんでお届けしている。4月19日(金)からは、ドラマ「時間が止まるその時(原題)」で4年ぶりのドラマ復帰を果たしたキム・ヒョンジュンの密着バラエティ番組「生(なま)ヒョンジュン」がスタート。ドラマで見せる俳優の顔、ステージで見せるカリスマアーティストの顔とは違う、キム・ヒョンジュンの素顔に迫った密着バラエティだ。ファンのみならずとも、「なま」のキム・ヒョンジュンの魅力にハマること間違いなしだ。

「Kwon Sang Woo The Stage 2018」
(C)KWON SANG WOO Japan Official Fanclub
4月12日(金)には、昨年12月に開催されたクォン・サンウのファンミーティング「Kwon Sang Woo The Stage 2018」を放送。クォン・サンウのファンサービスたっぷりのイベントの模様をお届けする。ドラマや映画では見ることができない、スターたちの意外な一面を発見する絶好のチャンスだ。

■放送情報

「あなたが憎い!ジュリエット(原題)」
放送日時:4月30日(火)放送スタート
毎週(火) 午後9:45~11:00ほか(週1話進行)
※3月30日(土)午後11:00~深夜0:15 第1話先行放送

出演:イ・ホンギ(FTISLAND)、チョン・ヘソン、チェ・ウン、イ・イルファ、パク・ヒョンスク
演出:キム・ジョングォン / 脚本:イ・ジョンピル

「死んでもいい(原題)」
放送日時:4月26日(金)放送スタート
毎週(金) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
全16話
※3月30日(土)深夜0:15~1:30 第1話先行放送

出演:カン・ジファン、ペク・ジニ、コンミョン(5urprise)
演出:イ・ウンジン、チェ・ユンソク / 脚本:イム・ソラ

「悪い刑事(原題)」
放送日時:4月24日(水)放送スタート
毎週(水) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:シン・ハギュン、イ・ソル、キム・ゴヌ、チャ・ソヌ
演出:キム・デジン、イ・ドンヒョン / 脚本:ホ・ジュンウ、カン・イホン

「SKYキャッスル(原題)」
放送日時:5月放送スタート
※4月19日(金)午後11:00~深夜0:15 第1話先行放送

出演:ヨム・ジョンア、チョン・ジュノ、イ・テラン、チェ・ウォニョン、ユン・セア、キム・ビョンチョル、オ・ナラ、チョ・ジェヨン、キム・ソヒョン、チャニ(SF9)
演出:チョ・ヒョンタク / 脚本:ユ・ヒョンミ

「君も人間か?(原題)」
放送日時:4月3日(水)アンコール一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~6:15(1日1話進行)

出演:ソ・ガンジュン、コン・スンヨン、イ・ジュニョク
演出:チャ・ヨンフン、ユン・ジョンホ / 脚本:チョ・ジョンジュ

「空から降る一億の星」
放送日時:4月29日(月)アンコール一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~6:15(1日1話進行)

出演:ソ・イングク、チョン・ソミン、パク・ソンウン
演出:ユ・ジェウォン / 脚本:ソン・ヘジン

「上流社会」
放送日時:4月9日(火)注目スターのブレイク作品一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前6:15~7:30(1日1話進行)

出演:ユイ、ソンジュン、パク・ヒョンシク、イム・ジヨン
演出:チェ・ヨンフン / 脚本:ハ・ミョンヒ

密着バラエティ「生(なま)ヒョンジュン」
放送日時:4月19日(金)放送スタート
毎週(金) 午後10:30~11:00ほか

「Kwon Sang Woo The Stage 2018」
放送日時:4月12日(金) 午後11:00~深夜0:30

衛星劇場ホームページ:http://www.eigeki.com/special/hanryu_drama_sengen

記者 : Kstyle編集部