キム・ヨングァン&チン・ギジュ主演新ドラマ「初対面で愛します」5月6日に放送確定

MYDAILY |

写真=SBS
SBS新月火ドラマ「初対面で愛します」(脚本:キム・アジョン、演出:イ・グァンヨン)が5月6日に韓国で初放送される。

「初対面で愛します」は冷たいボス、ド・ミンイク(キム・ヨングァン)と熱血秘書のチョン・ガルヒ(チン・ギジュ)のラブコメディドラマで、俳優キム・ヨングァン、チン・ギジュ、元RAINBOWのジェギョン、ク・ジャソンが出演する。

劇中キム・ヨングァンは、T&Tモバイルメディア1チームの本部長ド・ミンイク役を演じる。自分自身のことを大切に思い、完璧さを目指す一方、時と場合を問わず秘書チョン・ガルヒを呼んで幼稚な行動に明け暮れる、どんでん返しの魅力を披露する計画だ。

続いてチン・ギジュはド・ミンイクの一人しかいない契約秘書チョン・ガルヒ役を演じ、ボスのとんでもない要求も受け入れるなど、一挙手一投足に気を使う。その状況でも言いたいことははっきりと言う堂々とした魅力をアピールしてハツラツさを誇示する。

元RAINBOWのジェギョンは、映画制作会社シネパークの代表理事ベロニカ・パクに変身し、完璧だけどホダン(しっかりしているように見えるが、どこか抜けている人)らしい姿を披露してドラマに愉快さを与え、特別な存在感を持つク・ジャソンは、優しいけれど気が知れないキ・テジュ役を演じて女心を刺激する予定だ。

制作陣は「暖かい春に相応しいドラマを作るために頑張っている。作品に対する愛情が強い俳優たちの呼吸を楽しみにしてほしい」と伝えた。

「初対面で愛します」は「獬豸(カイチ)」の後番組として韓国で5月6日に初放送される。

記者 : イ・イェウン