ナム・ジュヒョク 「ドラマ『眩しくて』を観て泣いて笑う母…その姿を見るのが幸せ」

MYDAILY |

ナム・ジュヒョクが、JTBC月火ドラマ「眩しくて」への愛情を語った。

ナム・ジュヒョクのインタビューが最近、マガジン「Esquire」を通じて公開された。

インタビューでナム・ジュヒョクは、韓国で放送されたドラマ「眩しくて」と、ドラマの役柄イ・ジュナに対する愛情を惜しみなく表現した。「イ・ジュナの役を本当に上手くこなしたかったですし、ジュナの全てを何一つ逃したくありませんでした。だから可能な限りメイクもせずに撮影したんです。ジュナだったらそうじゃないかと思ったんですよ。ドラマ撮影の前に、キム・ソクユン監督が『ヒーリングできるようにしてあげるよ』と言いましたが、このような撮影現場が他にあるだろうかと思うほど幸せでした。確かに演技をしたのに演技ではないかのように、俳優のみんなと自然に会話して演技していたようです」と打ち明けた。

ナム・ジュヒョクは“俳優”という言葉の重みに対しても、率直に語った。「20歳の時に演技を始めましたが、その時から『俳優ナム・ジュヒョクです』と話したことはありません。ただ『ナム・ジュヒョクです』と言っています。僕の名前の前に“俳優”という修飾語を付けるのが、まだ本当に難しいんですよ。どうしても演技をより上手にしたいという欲からだと思います」

続いて俳優活動の抱負も明らかにした。「20歳の時に演技をしようと初めて心に決めて、その後も明日からすぐに演技が上手くできるとは思いませんでした。ところが、10年後、僕が30歳の時ならできそうだったんです。その際にナム・ジュヒョクが出演するとなったとき、10回の中で5回は見たい気がする俳優になったらいいなと思いました。人々が共感できる演技をする俳優になるのが、僕の俳優としての最初の目標です」

また、自分の人生がやるせなくて大切なので、引き続き自身に対して鞭打ちできると語った。「いつも僕は足りないと思います。だから新年になると、昨年よりも良い人になろうと誓います。毎年年末になると、今年僕はより良い人間になれたのか考えてみますが、常に基準値に達していなかったと思います。揺れることもあり、崩れることもあり、疲れることもあるかも知れませんが、そのような状態に長く留まらずに、早く振るい払って起き上がるでしょう。明日また上手くやればいいだろう、上手くやろうと努力したらいいだろう、いつもそう思います。何もしないよりは、失敗してもずっと挑戦しながら、より進みたいです」

ドラマ「眩しくて」に出会ったナム・ジュヒョクは、眩しい日々を送っているところだと言いながら 、親孝行な一面も見せた。「母と一緒に放送を観ると、『今日も悲しいね』と言って毎回泣きます。その一方で、テレビに出てくる僕を見て、とても喜ばれます。最近、僕が出演するドラマを観ている母が幸せそうにしている姿を見るのが、とても幸せです」

写真=「Esquire」

記者 : イ・スンギル