“防弾少年団の弟”TXT「M COUNTDOWN」で1位獲得!元2NE1のBOM&MAMAMOOもカムバック

OSEN |

写真=Mnet「M COUNTDOWN」放送画面キャプチャー
「M COUNTDOWN」でTXT(TOMORROW X TOGETHER)が1位を獲得した。

14日午後に韓国で生放送されたMnet「M COUNTDOWN」ではTXTがデビュー曲「ある日頭から角が出てきた(CROWN)」で1位となった。

TXTのヒュニンカイは「先週デビューしたのに1位になるなんて信じられない。ファンの皆さんに本当に感謝する。これからもっと頑張るTXTになる」と話した。ヨンジュンは「メンバーたち、家族やBig Hitエンターテインメントの皆さんに本当に感謝する」と話した。

これでTXTはデビューから10日で音楽番組で2冠を達成した。TXTはアンコールステージで和気藹々とした雰囲気を披露し、喜びを味わった。

同日「M COUNTDOWN」ではMAMAMOOと100%のカムバックステージとPENTAGON ウソク&Wanna One出身ライ・グァンリンのユニットデビューステージが披露された。

4人のメンバーの個性と魅力が際立つMAMAMOOはタイトル曲「gogobebe」と「WAGGY」を披露し、華やかにカムバックした。「gogobebe」はMAMAMOOならではの楽しく愉快なエネルギーが漂う楽曲で、誰もが踊りたくなる楽しく、クセになるメロディと面白い歌詞が印象的だ。MAMAMOOはしっかりした構成のパフォーマンスと共にファンに楽しさを与えた。そして「WAGGY」を歌うときは着ぐるみを着て愉快な魅力をアピールした。

PENTAGONのウソクとライ・グァンリンが新しく結成したユニット「ウソク&グァンリン」のデビューステージも披露された。2人は自伝的な話を愉快に描いたヒップホップR&Bナンバー「ピョルジッ」を通じて優れたビジュアルだけでなく、阿吽の呼吸も見せてくれた。ライ・グァンラインは最後にウソクにキスするパフォーマンスも披露し、ファンは歓呼した。

レトロサウンドジャンルの楽曲「Still loving you」で洗練されたイメージを披露した100%と、どこでも夢に向かって力強く走っていくという夢と約束を盛り込んだ「Pinky Star」を引っさげて帰ってきた公園少女(GWSN)のカムバックステージも公開された。

また、元2NE1のBOMもカムバックステージを披露した。8年ぶりに発売したソロアルバム「Spring」で1位をキープしているだけに、BOMのステージは注目を浴びた。春という比喩的な表現を通じて、さまざまなメッセージを表した「Spring」は、ポップベースのグルーブ感あふれるサウンドとBOMのリズミカルな歌唱力が際立つ楽曲で、Braveエンターテインメントの代表である勇敢な兄弟を筆頭に、プロデューサーCHAKUN、RedCookieの共同作業によって誕生し、元2NE1のDARAがフィーチャリングで参加し、熱い反響を得ている。

この他にも「M COUNTDOWN」にはJUS2、TXT、(G)I-DLE、SF9、INFINITEのドンウ、VIXXのラビ、ホン・ジニョン、BOM、Dal★Shabetのダル・スビン、ハウン&ヨセプ、DREAM NOTE、熱血男児、今月の少女(LOONA)などが出演した。

記者 : キム・ウネ