「眩しくて」ナム・ジュヒョク、キム・ヒウォンと対立“一線を越えた。もうやめましょう”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC月火ドラマ「眩しくて」画面キャプチャー
12日に放送されたJTBC月火ドラマ「眩しくて」ではキム・ヒウォン(キム・ヒウォン)がイ・ジュナ(ナム・ジュヒョク)を拉致し、暴行した。

キム・ヒウォンは「お前、俺を通報しようとしたのか。お前、どうして俺にこんなひどいことをする? 俺がお前の面倒を見てやったじゃないか。お前のおばあさんが亡くなったときは、ほぼ喪主の役割をしたじゃないか。お前の父が留置場にいた時は俺があちこち駆け回ってたじゃないか」と憤った。

これに対し、ジュナは「一線を越えた。もうやめましょう」と言った。キム・ヒウォンは「何の線を超えた。たかが品をいくつか売ることで運営できると思ってるのか。ヤミ金から金を借りてきた。息子も面倒を見ない老人たちと遊んであげて、保険に加入して亡くなったら保険金を受け取る」と冷たく言った。

キム・ヘジャ(キム・ヘジャ)は深夜、ジュナの家に寄った。家はめちゃくちゃになっており、ジュナのかばんもそのまま置いてあったため、一晩中ジュナを待った。朝になったがジュナは帰ってこなかった。

キム・ヒウォンが広報館の職員に「一発で終わらせよう。保険のある老人たちに電話をかけろ。明日また広報館をオープンする」と語った。キム・ヒウォンは老人たちとのピクニックを計画した。

広報館に行ったへジャはある老人からイ・ジュナという名前を聞いた。ジュナに何か起きたと思ったへジャはジュナを探し回った。へジャは暗い広報館の地下でジュナの痕跡を見つけた。ブレスレットの玉が落ちていたのだ。ヘジャはジュナが拉致されたと感じた。

記者 : チョ・ギョンイ