GFRIEND、3rdシングル「FLOWER」で2ヶ月連続リリース!“日本ファンのファッションは可愛い”

KSTYLE |

2ヶ月連続リリースとして、2月13日(水)に第1弾シングル「SUNRISE」、3月13日(水)に第2弾シングル「FLOWER」をリリースしたGFRIEND。さらに現在、大阪・名古屋・東京をめぐるスプリングツアー真っ只中で、ますます日本活動に拍車をかけている彼女たち。写真からも分かるように、とても明るく元気いっぱいのGFRIENDが、2ヶ月連続の活動や日本に対する関心事まで、幅広く明かしてくれた。

【PHOTO】日本で2ヶ月連続リリース!GFRIEND、理想の恋愛は?“私たちとファンみたいに…”

【プレゼント】GFRIEND直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――3月13日に日本で2ヶ月連続リリースとなる日本3rdシングル「FLOWER」がリリースされます。今回は日本オリジナル楽曲がタイトル曲になりますが、初めて曲を聞いた時、どんな印象を持ちましたか?

オムジ:かっこいい! と思いました。これまでGFRIENDが見せてきた曲にはなかった雰囲気なので、BUDDY(GFRIENDのファン)にまた新しい姿を見せられると思ってとてもうれしかったです。

イェリン:最初曲が始まる時、音楽がちょっと悲しい感じもするんですよ。でも後半に進むにつれて、GFRIENDのキュートさをお見せできるんじゃないかなと思います。GFRIENDは全てをお見せするんです! 可愛いのも、かっこいいのも、きれいなのも!

メンバー:(笑)

――背景音楽もとてもかっこいいですよね。MVの撮影は終わったのですか?

ウナ:はい、韓国のスタジオで撮影しました。

オムジ:曲に合わせて、華やかで強い印象が残る仕上がりになったと思います。何より、メンバーたちのビジュアルがすごく光っていると思います!


「理想の恋愛?私達とファンのように…」

――「FLOWER」では好きな人への募る想いを歌っていますが、メンバーのみなさんは恋愛をするとしたら追いかけたいタイプですか? 追われたいタイプですか?

ソウォン:う~ん、難しいですね……。私たちはまともに恋愛をしたことがないから(笑)。まだよく分からない(笑)。

オムジ:でもどちらか一方というよりは、互いに歩み寄っていくのが理想的ではないですか?

イェリン:私もオムジに同意します!

ウナ:相手をBUDDYに置き換えて考えてみたら、私たちとBUDDYって互いに信頼して頼っている感じなんです。だからそういう関係が理想的かなと思います。

ユジュ:互いに合わせていく感じね。

シンビ:追いかけるし、追われるし両方バランス良くがいいと思います。

ウナ:この質問は10年後に受けたらうまく答えられそうだね(笑)。

メンバー:(笑)。

――2ヶ月連続リリースはみなさんにとって初めてのことだと思いますが、それを聞いた時どう思いましたか?

ユジュ:スケジュール的には忙しくなるかもしれませんが、でもその分日本のBUDDYとさらにまた距離を縮めることができるなと思い、楽しみにしていました。

オムジ:それに曲のモチーフが「太陽」と「花」じゃないですか。ですので、この2曲のように、もっとGFRIENDが日本で陽が昇るように、また花が咲くように活躍できればうれしいなと思います。


振り付けのポイント「怖くないの?と聞かれたけど…」

――日本で2月13日(にリリースされた2ndシングル「SUNRISE」は、韓国で2019年初のグランドスラムとして話題になっていました。全ての音楽番組で一位を達成しましたが、周りの反応や活動を振り返っていかがですか?

イェリン:ウナが最後にものすごい高音を披露するんですよ。そのパートのおかげでより曲に深みが増したというか。激しい感情と、おぼろげな雰囲気の両方がある、“激情おぼろげ”を演出できて、ファンの皆さんが気に入ってくださったと思います。

ユジュ:曲の中でメンバーが私を持ち上げる部分があるんですが、ファンの皆さんに「怖くないの?」とすごくたくさん聞かれました。でもメンバーがちゃんと支えてくれるのでいつも私は楽な気持ちでやっています。

――あの場面も見せ場ですよね。練習の時からうまくできていたのですか?

ウナ:いいえ、最初はすごく難しかったです。

イェリン:ユジュが私たちを信じて体をあずけてくれなければいけないし、私たちもちゃんと支えてあげないとユジュが怪我をしてしまうかもしれないじゃないですか。だから最初はちょっと怖かったんです。でも皆で息を合わせて練習したら、意外と早くできるようになりました。

――音楽番組のリハーサルなどで失敗したことはありませんでしたか?

ソウォン:はい、それは一度もありませんでしたね。

イェリン:何としてもユジュを守るんだ! と思っていますから(笑)。

メンバー:(笑)


「4文字を日本語でどうやって表現するか…」

――「SUNRISE」の歌詞で印象に残っている部分はどこですか?

シンビ:私は自分のパートが全部好きです(笑)!

イェリン:ウナの「처음부터 마지막까지 네 맘을 알고 싶어져(最初から最後まであなたの気持ちを知りたくなる)」のパートです。この歌の意味がこの言葉に盛り込まれていると思うからです。

オムジ:私のパートで、「아냐 아냐(違う違う)」という部分があります。この4文字の言葉を日本語でどのような言葉で表現するか、たくさん悩みました。「いえいえ」も候補にあったし、突然「Oh No Oh No」っていう案も出てきて(笑)。「おのおの」って書いてあって、これなんていう意味なんだろう? って思っていたら英語の「Oh No」であることが分かりました(笑)。それで歌ってみてと言われたんですが、やってみたらなんだか変な感じがして(笑)。「うんうん」とかいろいろ試した結果、最終的に「なぜなぜ」に決まって、満足のいく歌詞になってよかったと思います。イベントでファンの皆さんも一緒に歌ってくれました。

ユジュ:私は「해야 해야」の部分です。韓国語バージョンでは太陽に呼びかけているような歌詞になっていますけど、実際いくら太陽に呼びかけても、答えてはくれないわけじゃないですか。だから歌いながらちょっと胸が詰まる感じがするんです。

イェリン:だからこそ、その部分いいよね。

ウナ:日本語バージョンで「混乱する 君のせいで」という歌詞がありますが、韓国語でも곤란하다という、発音もほぼ同じで、意味も似ている言葉があるんです。それがすごく驚いて記憶に残っています。

ソウォン:私はイェリンの日本語のパートで「もういい! やめましょ」という歌詞がありますが、「やめましょ」っていう響きがすごく可愛いなと思いました。


GFRIENDが気になる日本の歌手は?

――3月からは2回目の日本ツアー「GFRIEND SPRING TOUR 2019 BLOOM」が始まります。準備はどうですか?

ウナ:今一生懸命準備している最中ですが、日本3rdシングルの曲名「FLOWER」が発表になりましたから、「FLOWER」のステージをかっこよくお見せできるのではないかなと思っています。

イェリン:皆さんにお見せする日までファイティン!

――前回のインタビューで、日本でコンサートをやることになったら歌ってみたい曲にいきものがかりさんの「SAKURA」があがっていましたが、カバーの実現はできそうですか?

オムジ:う~ん……それはまだ分かりませんが、今回のコンサートでできなかったとしても、また、必ずしもコンサートの場でなくても、いつかお見せできる日が来ればいいなと思います!

――最近聞いた日本アーティストの曲はありますか?

ウナ:私はシティ・ポップがすごく好きなんですけど、大橋純子さんの「クリスタル・シティ」という曲が特にお気に入りです。

イェリン:そうなんだ、私も聞いてみよっと!

オムジ:今日このスタジオでずっとJ-POPがずっと流れていますけど、男性歌手の曲で、感性的ですごくいいなって思うものがあったのですが、歌手の名前は知ることができず……残念です(笑)。

ユジュ:私は以前も中島美嘉さんのことをお話しましたが、声がきれいなので、やはりたくさん聞くのは中島美嘉さんです。あまり日本の歌手にはまだ詳しくはないのですが、乃木坂46さんの曲が、明るくで爽やかで良いという話を最近聞きましたので、探して聞いてみたいなと思っています。


韓国と日本のファッションの違いは「色」

――3月には日本のファッションイベントFACo<福岡アジアコレクション>への出演が決まっています。日本の女の子たちの注目度も高いファッションイベントの一つですが、皆さんが最近日本のファッションで注目しているアイテムやコーディネートなどはありますか?

ソウォン:私は最近日本で流行っている、トップスだけをオーバーサイズで着るスタイルがいいなと思っています。韓国にもいますが、日本のほうがそういったスタイルの方が多いと思います。ハイタッチ会をする時も、ファンの皆さんのファッションを見ていますが、そういうスタイルの方を見ると、可愛いなと思っています。ピンクのコートとか、真っ白のカーディガンとか、日本の方は明るい色のアイテムをよく着ていらっしゃるなと思います。

オムジ:私も見ています! 自分だけの個性のあるファッションの方を見ておしゃれだなと思います。

――今回、福岡に行くのは初めてですか? また、行ってみたい日本の場所はありますか?

ウナ:はい、福岡は初めてなので楽しみです! それから私は京都に行ってみたいです。京都ならではの風情がある街だと思うからです。

シンビ:私も京都!

ウナ:一緒に行こうね!

ソウォン:私は札幌に行きたいです。

ユジュ:札幌の雪まつりに行きたいですね。

イェリン:私はメンバーたちが行きたいところ全部について行きます(笑)。

ウナ:そうだよ、一緒に行かないとね!

――昨年秋にポテトチップスとのコラボ「パワフルプルコギ味」が話題になっていましたが、試食や発売までの過程で印象的なエピソードがあれば教えてください。

オムジ:ユジュ姉さんが、日本語の「プルコギ」という言葉が可愛くてツボにはまったみたいで(笑)。撮影をしなければいけないのにできないくらい、1日中笑っていましたね(笑)。ユジュ姉さんは1度はまっちゃうとなかなか抜け出せないことがあります(笑)。

ユジュ:そうだったね(笑)。

ウナ:試食をいろいろとしましたけど、本当に美味しいのがたくさんありました。

メンバー:そうそう!

ウナ:だからパワフルプルコギ味だけになって、ちょっともったいなかったです。


日本のモデルと…「お姉さんと呼ばれると変な気持ち」

――ウナさんは日本食が好きだと仰っていましたが、今回の来日でおいしかったものはありましたか?

ウナ:今回私たちは名古屋に初めて行ったんです。名古屋の名物はひつまぶしだと聞いたので、それは絶対食べてみたいと思っていて、実際食べたら本っっ当においしかったです! 韓国では焼いて塩とかヤンニョムをつけて食べるので、ご飯の上にのせて食べるのがとても新鮮でした。

――オムジさんは日本のお菓子やデザートが好きだと仰っていましたが、今回はどこか食べに行きましたか?

オムジ:特にデザートを食べには行っていないのですが、いつもケータリングでいろんなお菓子を用意してくださるので、新しいものを見つけたら食べるようにしています。

――雑誌「Popteen」で専属モデルとしても活動されていますが、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

オムジ:Popteenではソロの撮影が多いですが、ときどき他のモデルの皆さんと撮影する時があります。雑誌名の通り、モデルさんの年齢も若いので、普段グループの中では末っ子なのに、撮影現場で「オンニ(お姉さん)」と呼ばれるとちょっと変な気持ちになりました(笑)。でも皆可愛いし、優しくて親切なので、楽しく撮影しています。分かる言葉は日本語で話しますが、モデルの子たちが翻訳機を使って会話しようとしてくれてうれしかったです。

――シンビさんは日本のアニメ、ドラマが好きだと仰っていましたが、最近何か見ましたか?

シンビ:最近は活動で忙しくて、新しいものは見れていないんです……。でも今まで見たアニメの中で一番好きなのは「ハウルの動く城」で、これは私の“人生アニメーション(最も好きな作品)”と言えます!

――イェリンさんは日本のメイクに関心があると仰っていましたが、最近注目している日本コスメアイテムやメイク方法はありますか?

イェリン:以前もお話しましたが、チークが好きでいろいろと試しています。今は動画を見るとなんだか全部その通りにやらなければいけない気がして、何も見ずに自分なりにやっています。メンバーと遊びに行く時などに一つずつ試しています。ファンの皆さんも私がメイクに興味があるのを知っているので、化粧品をプレゼントでもらうこともたくさんあるんです。日本のファンの皆さんからも特にチークをたくさんいただきましたが、すごく不思議なものもありました。壺みたいな形をしていて、蓋を開けてまわすとチークがついて出てくるんですよ。こんなのがあるんだってすごく不思議で面白かったです(笑)。


「ドンキホーテで買うのを諦めました」

――ソウォンさんはネイルに関心があると仰っていましたが、最近注目しているデザインはありますか?

ソウォン:今日もですが、カラーは透明感のあるシンプルなものにして、そこに一つだけラインストーンをつけるとか、何か一つポイントがあるデザインが好きです。今回、日本のネイルショップに行きたくて、今つけているものをとって行こうと思っていたのですが、時間がないことが分かってそのまま来ました。時間があればぜひ日本でネイルをやってみたいです。

――ユジュさんは前回、日本の制服が好きと言ってくださいましたが、他に日本で好きなものなどはありますか?

ユジュ:昨日ドンキホーテに行ってきたのですが、化粧品やスキンケア用品が本当にたくさんありますよね。昨日は2種類のパックを買いました。普段からハトムギの成分が入っているものが好きなので、化粧水を買いたかったのですが、内容量が1リットルだったので(笑)。持って帰れないかもしれないと思ってそれはやめました(笑)。

ウナ:こんにゃくゼリーも買ったよね?

ユジュ:あ、そうなんです、こんにゃくゼリーも好きなんです!

――最近覚えた日本語はありますか? どんなシーンで覚えたかも教えてください。

ソウォン:「SUNRISE」のリリースイベントで、ポイントダンスをファンの皆さんに教える場面がありましたが、それを日本語で伝えるために「動く」という動詞を習いました。「足を動かします」という言葉をたくさん使いました。

ユジュ:私は、GFRIENDの曲が情熱的なので、「情熱的」という単語を覚えました。

ウナ:うわ、かっこいいね!

オムジ:私は「ぴったり!」を覚えました!

シンビ:私は「FLOWER」の自分のパートの歌詞に「ラビリンス」という言葉があります、それを初めて知りました。

ウナ:私は「ワクワク」です。中学生の時、友達が日本の歌を歌ってくれたのですが、その歌詞の中で「ワクワク」という言葉がすごく印象に残っていたんです。それでどんな意味なんだろうとずっと思っていましたが、最近その意味が分かりました。

イェリン:私は「情熱的」に近い意味だと思ったんですが、「メロメロ」を覚えました。

――メラメラでなくメロメロですか? メロメロは人や物にすごく魅了された様子を意味しますね。

イェリン:あ、そうなんですか? 間違えて覚えていたみたいです(笑)。今本当の意味を勉強しました(笑)。

――来月も日本での活発な活動を期待しています。楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。

ソウォン:日本3rdシングル「FLOWER」で、また3月に日本のファンの皆さんにお会いできますね。私たちもずっと待ってきた瞬間ですので、ぜひ新曲をたくさん聞いていただけたらうれしいです。そして単独コンサートにも多くのファンの方が来ていただけたらうれしいですし、たくさん期待していてほしいです!

撮影:朝岡英輔

■リリース情報
GFRIEND JAPAN 3rd SINGLE「FLOWER」
発売中
<収録楽曲>※全形態共通
1. FLOWER
2. Beautiful
3. FLOWER (Instrumental)
4. Beautiful (Instrumental)

【初回限定盤TYPE-A】CD+DVD
品番:KICM-91919 定価:¥1,667+税
・個別スタンプ会参加券
※メンバー別6種(全6種より1種ランダム封入)

【初回限定盤TYPE-B】CD+Photo Book
品番:KICM-91920 価格:¥2,037+税
・個別スタンプ会参加券
※メンバー別6種(全6種より1種ランダム封入)

【通常盤】CD
品番:KICM-1919 定価:¥1,778+税
・個別スタンプ会参加券
※メンバー別6種(全6種より1種ランダム封入・初回プレス分のみ)

■公演情報
「GFRIEND SPRING TOUR 2019 BLOOM」
○大阪公演
公演日:3月3日(日)
会場:Zepp Osaka Bayside
開場時間:17:00~
開演時間:18:00~

○名古屋公演
公演日:3月15日(金)
会場:Zepp Nagoya
開場時間:18:00~
開演時間:19:00~

○東京公演(2公演)
公演日:3月20日(水)
会場:豊洲PIT
開場時間:18:00~
開演時間:19:00~

公演日:3月21日(木・祝)
会場:豊洲PIT
開場時間:14:30~
開演時間:15:30~

<チケット料金>
一般(全自由):8,500円(税込)
※来場者限定オリジナルグッズ付き
※各会場別途ドリンク代が必要となります。
※全自由・整理番号順の入場

■関連サイト
GFRIEND JAPAN OFFICIAL SITE:https://gfriendofficial.jp

記者 : Kstyle編集部