Newkidd、防弾少年団の前でカバーステージを披露!パワフルなダンスにメンバーも拍手で応援

MYDAILY |

新鋭ボーイズグループのNewkiddが、特別なステージで防弾少年団の心を捕らえた。

Newkiddは昨日(26日)午後、ソウル鍾路(チョンノ)区世宗路(セジョンロ)世宗文化会館大劇場にて開かれた「第6回イーデイリー文化大賞」の祝賀公演で、先輩グループである防弾少年団とWanna Oneのカバーステージを披露した。

ガラコンサート「名曲に出会う」というテーマで行われたこの日の祝賀公演で、Newkiddは原曲歌手である防弾少年団が参加した中で「DNA」を披露して話題を集めた。まだ正式デビュー前であるNewkiddは、“ワールドスター”防弾少年団先輩への尊敬と真心あふれるパワフルなステージで、ポータルサイトのリアルタイムワードに上がってネット上を熱くした。

この日の席で防弾少年団は、情熱あふれる後輩歌手のステージを見て、頭の上に手を上げながら拍手をして、心温まる反応と応援を送った。この日、授賞式の現場を訪れたファンたちは「DNA」を歌ったNewkiddに対して、「BTS」と叫ぶ応援法を応用しながら「Newkidd」とグループ名を変更して応援するなど、コンサート会場を彷彿させる歓声があふれた。

写真=J-FLOエンターテイメント
この日の現場写真や公演動画が、防弾少年団の前で防弾少年団の歌を歌った“勇者ドル”(勇者+アイドル)という内容で、オンラインコミュニティを通じて急速に広がり、防弾少年団のファンたちは「カバーステージをする姿、しっかり見ました。『DNA』、本当にカッコよく楽しくカバーしていただき、ありがとうございます。カッコよかった。これから応援しますね」「素敵なステージ、感動しました」「今日のステージを見たら、昔の防弾少年団の姿を思い出してジーンときた」「完璧なカバーステージを楽しく見て、『先輩愛しています』と叫んで、90度で挨拶する姿から本気が感じられました」と、この日の祝賀公演の感想や、暖かい応援コメントを送って注目を集めた。

防弾少年団は「僕らのように、幼い頃からの歌手の夢を持って熱心にステージをしているんだなと思い、昔を思い出した。今日のステージに感謝する」とカバーステージを披露してくれたことに関連してコメントした。

Newkiddのリーダーのジングォンは「防弾少年団先輩が、会場の最前列で公演を見ておられて、すごく緊張した。先輩方の顔が本当に近く見えて余計に驚いたが、先輩方が明るく笑ってくださり拍手してくださって、胸がいっぱいになった」と公演の感想を伝えた。

2002年生まれのウチョルは「歌手の夢を育てるきっかけが、ロールモデルである防弾少年団先輩だった。『DNA』披露後にステージを降りるとき、先輩方が親指を立ててくださり、とても満足して感謝した。これからもっと熱心にやる後輩歌手でありたい」と感謝の意を伝えた。

今回の公演を通じて、今後のアルバム活動への期待を集めたNewkiddは、プレデビューマーケティング期間を経て、上半期のデビューを控えている。

【PHOTO】OH MY GIRL&PENTAGON&SS501 パク・ジョンミンら「第6回イーデイリー文化大賞」授賞式に出席

Vol.2 ― Newkidd、待望の正式デビュー「日本にたくさん来て、皆さんに公演をお見せしたいです」

記者 : ヨ・ドンウン