防弾少年団 ジミンの親友が「君の声が見える6」に登場?“ご飯もおごって応援してくれて…”

MYDAILY |

写真=Mnet「君の声が見える6」放送画面キャプチャ
防弾少年団 ジミンが友人を応援した。

昨日(22日)午後、韓国で放送されたケーブルチャンネルMnet「君の声が見える6」には、キム・ドヒョン、キム・デフン、コ・ウジンが「イベントMC&ダンス講師&シナリオ作家の実力者vs17年目のオンチ」として出演した。

彼らが実力者か音痴かを当てる場面で、彼らに対して出演者と傍聴者らが下した選択は、音痴であった。これで最初の脱落者に選定された3人は、SEVENTEEN「CLAP」を披露し、高音まで完璧に消化してスタジオの人々を驚かせた。

キム・ドヒョンとキム・デフンはアイドルの練習生で、コ・ウジンは俳優のグループTHE MAN BLKのメンバーであった。これにSUPER JUNIOR イトゥクは「有名アイドルと一緒に夢を育ててきた人がいると聞いたが? 」と尋ねた。

するとキム・デフンは「僕の友人は今……有名な……ワールドクラスの……防弾少年団 ジミンだ。僕が『君の声が見える6』に出ると言ったら、直接応援もしてくれて、ご飯もおごってくれた」と話し、ジミンが送ってきたという写真を公開した。写真にはジミンからの応援メッセージが盛り込まれており、見る者の心を温めた。

続いてキム・ドヒョンは「ずっとデビューを目指していたが、今のところは……できずにいる状態だ。しかし熱心に準備しているから、今後も見守っていただけたらありがたい」と伝えた。

キム・デフンは「僕もドヒョンのように長い練習生の期間を経てきた。デビュー直前にデビューができなくなったのだが、その夢をまだ持ってダンスのインストラクターをしながら音楽活動をしている。これからたくさん見守ってほしい」と覚悟を伝え、目を引いた。

コ・ウジンは「僕は夢に描いたデビューを果たしたが、順調ではなかった。だから僕という人を歌を歌って、演技をしている。僕たちのグループがとても一生懸に、そして熱心に準備しているということを覚えて頂きたい」と、出演した感想を伝えた。

記者 : コ・ヒャンミ