Apinkら所属Plan A、FAVEエンターテインメントと4月に合併…「両社の所属歌手たちは家族になる」

10asia |

写真=カカオM
歌謡製作会社のPlan AエンターテインメントとFAVEエンターテインメントが合併する。両社の親会社であるカカオMが13日午前、公示を通じて両社の合併を公式化した。

Plan Aエンターテインメントには、Apinkをはじめ、歌手のホ・ガク、男性グループVICTONなどが所属している。FAVEエンターテインメントには最近SBSのサバイバル番組「THE FAN」でトップ3に選ばれ注目されたイム・ジミン、MBC「UNDER19」で1位と2位、8位となったチョン・ドヨム、チョン・ジンソン、イ・スンファン、デビューを控えたガールズグループ候補チームのFAVEガールズらが所属している。

カカオMの関係者は「両社の所属歌手たちは新しく発足する統合法人で同じ家族になる」と説明した。続いて「新しい統合法人の発足は4月1日で、新しい会社の名前は合併法人の発足時点に合わせて公開する」と明らかにした。

また、今回の合併について「新たなカカオMの発足を契機に音楽制作事業の成長戦略を再樹立する過程で長期的な成長を図るため、FAVEとPlan Aを合併することにした」と述べた。また「今回の合併を通じて両社が持つ核心力量を結集し、最終的に競争力を強化できるものと期待している」と付け加えた。

カカオMの関係者は「今回の合併を通じて両社が保有している力量とカカオMのR&C支援などをもとに制作システムの競争力を強化し、アーティストポートフォリオを多様化する予定。最終的には信じて聴ける音楽を作るレーベル、グローバル市場で愛されるK-POPアーティストを持続的に輩出するなど大衆が信頼できるレーベルに成長するものと期待している」と強調した。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな