HappyFaceエンターテインメント、虚偽事実を流布したネットユーザーを告訴「厳正に対応する」

OSEN |

写真=OSEN DB
Dreamcatcherの所属事務所であるHappyFaceエンターテインメントが、所属アーティストに対するデマ拡散に対してコメントした。

HappyFaceは11日「最近所属アーティストを誹謗中傷する目的で、虚偽の事実をネット上に広げ、名誉を毀損したネットユーザーに対して、ソウル江南(カンナム)警察署サイバー捜査隊に正式に告訴状を提出した」と明らかにした。

また、「HappyFaceエンターテインメントは虚偽事実の流布、名誉毀損等で所属アーティストを悪意をもって誹謗中傷、侮辱する行為に対して、厳正に対応する。追加の被害が発生しないよう、ポータルサイトや多数のオンラインコミュニティやSNSなどで虚偽事実を無分別に流布する行為も積極的にモニタリングする予定だ」と強調した。

これに先立ちDreamcatcherのシヨンが校内暴力の疑惑に巻き込まれた中、所属事務所は「事実無根」と否定し、強硬な対応を予告していた。

【HappyFaceエンターテインメントの公式コメント全文】

こんにちは。HappyFaceエンターテインメントです。

最近発生した所属アーティストのデマ流布事件に関連してお知らせします。

HappyFaceエンターテインメントは最近、所属アーティストを誹謗中傷する目的で虚偽事実をネット上に広げ、名誉を毀損したネットユーザーに対して、ソウル江南(カンナム)警察署サイバー捜査隊に正式に告訴状を提出しました。

HappyFaceエンターテインメントは、虚偽事実の流布、名誉毀損等で所属アーティストを悪意を持って誹謗中傷、侮辱する行為に対して、厳正に対応します。

また、追加の被害が発生しないよう、ポータルサイトや多数のオンラインコミュニティ、SNSなどで虚偽事実を無分別に流布する行為も積極的にモニタリングする予定です。

これまで心配してくださったファンの皆さんに感謝申し上げます。HappyFaceエンターテインメントは、二度とこのようなことが発生しないよう積極的に対応し、所属アーティストの権益保護のために最善の努力を尽くすことを約束します。

ありがとうございます。

記者 : チ・ミンギョン