防弾少年団にラブコール?人気バンドウエストライフ、インタビューが話題「一緒に…」

OSEN |

写真=MBC「セクションTV芸能通信」放送画面キャプチャー
アイルランド出身の男性5人組バンド・ウエストライフ(Westlife)が、防弾少年団と一緒にコラボしたいという希望を語った。

11日に韓国で放送されたMBC「セクションTV芸能通信」ではウエストライフのインタビュー現場が公開された。

シンガポールで行われた「セクションTV芸能通信」とのインタビューで、解散・再結成を経たウエストライフは、近況に対する質問に「僕たちは元気に過ごした。解散後にさまざまなソロ活動をした。結婚して、子供も育てて結婚生活を過ごした」と話した。

「My Love」「Seasons In The Sun」などデビュー後、多くのヒット曲で世界中のファンから愛されてきたウエストライフは、最近デビュー20周年を記念して、新曲「Hello My Love」でカムバックしてファンの歓迎を受けて、音楽活動を続けている。

特に、今回のアルバムは作曲とプロデュースをイギリスのスーパースターであるエド・シーラン(Ed Sheeran)が務めて話題を読んだ。ウエストライフのメンバーたちは「デビュー20周年を迎えて再結成を考えた。これまでウエストライフから離れて多くの時間を過ごしたため、ステージに立ちたい願望があった」と話した。

また、3回も韓国を訪問して韓国ファンの支持を受けたウエストライフは、機会があればまた韓国で公演したいという抱負を明かした。

ウエストライフは「韓国訪問中に一番記憶に残るのはコンサートだ。蚕室(チャムシル)オリンピックスタジアムで2回公演をした。またそこで公演ができるかは分からないけれど、できるならもう一度やりたい。バンドをしながら最高だと思う瞬間は、コンサートで観客が一緒に歌を歌ってくれる瞬間だ。その時はしばらく歌を止めて観客に歌を歌ってもらう。僕たちには最高の瞬間だ」と付け加えた。

ウエストライフはK-POPアーティストの中で防弾少年団を知っているとし、「一緒にコラボしたい」と希望を明かした。

記者 : チョ・ギョンイ